TLC-logo_orange.jpg

低音奏者、Tony Levinさんのファンサイトです



TONY LEVIN'S WEBSITE日本語訳はこちら
更新日時: 2012年4月15日日曜日




◆Tony Levin Interview


We (Tony Levin Club of Japan) attended the California Guitar Trio + Tony Levin show at Billboard Live Osaka Jan. 24th 2012. Thankfully, as always, Tony accepted our interview after the show.(翻訳はすぐ下にあります)

Tony: First, let me say hello to the fans in Japan, and give a big thanks for, as always, caring about the music I am part of. It means a lot to me.

TLClub: The new CGT album contains "Ave Maria". How did it feel like playing cello for a classical work, which is something you have not done for a long time?

Tony: It was a big pleasure for me to even be asked to play on that piece. The Trio did not ask me specifically to play the cello, just to play the melody on the piece. But for me it was clear that the cello would be better than the bass, so I could change octaves on the repeat, and anyway it's a beautiful sounding instrument.
For bass players like me, it's not so easy changing to cello - though it might seem very similar to people not playing it. It's not just smaller, but the tuning (in 5ths) is different, and the "margin of error" to play in tune is smaller (we bassists have the easiest time with that with the big string length.) Also, for Classical, the vibrato is done a little differently, you would hardly hear a 'bass vibrato' if it wasn't adjusted.
I'm lucky to have a great cello, also made by NS - like the NS bass I play. I had played it live with Peter Gabriel, on "Signal to Noise" and recorded with it some on my Stick Man CD. But to play this piece well, I had to practice on it A LOT. I am guessing that I spent more time on that simple melody recording than on any track I've ever played - I was surprised at how many ways I could make it sound wrong! But it wasn't 'work' at all, I loved every minute of it. And I'm happy with the way it came out - could be better, of course, but the main goal I had was to do a decent version of the very well known melody, that wouldn't be an embarassment to me, and to have fun doing it. Now, the next challenge will be to play it live with the Trio. It turns out that, though I am ready to do that, they haven't practiced the piece (because, of course, they can't do it without someone playing the melody, and they usually tour alone - so we didn't try to do it on this trip to Japan. Sometime in the coming year, though, I am pretty sure we'll get the chance -- I expect that I will be nervous about it, but it will be a great challenge.


TLClub: Nowadays, it's not necessary for the musicians to get togather in a studio for a recording. Has this situation weakened or loosened the relationsips between them:?

Tony:I do a lot of recordings now from my home studio, without seeing the other musicians. The first years of doing that, I was missing the input from other players, and also, of course, the fun of being with them. But it has become the normal way to record, and most players are used to it now - so I would say it doesn't affect the music as much as it did in the early years of it. Your question, though, is about relationships, and it does make for a big change in that. If I don't know the players (for instance, I am asked to play bass on tracks of an Italian singer, which have been completed in Italy) the fact is, I will never meet them - I won't even know who played on the track. You can see that is far different than spending a week, or even a few days together, playing music, making jokes, eating dinner together, and getting the feel of the project and of the other players. Then you have a relationship with them, and maybe look forward to playing together again. That is all lost with 'file sharing' and it's too bad. My relationship with the many players I already know is fine - unchanged - but meeting new players and sharing a bond in experiencing new music -- that's lost, at least for the way recording is going now.

TLClub: If you can bring only one musical instrument to a desert island, what would you choose? Why?

Tony:Your imagination always makes me smile. Of course, an electric instrument won't work well in this desert place (I hope there is some decent food for me!) So there goes the Stick, basses, cello ... It's clear I must choose a piano (which I love playing anyway,) and to deal with it going out of tune in the island weather, I'll fashion one of those piano tuning tools out of seashells and coconuts!

TLClub: Last summer you've started "Three of a perfect pair camp". How did it's idea come about in the first place?

Tony: it was Adrians idea (Adrian Belew) I think he was asked about doing a music camp himself, and he thought, with Pat Mastelotto and me involved, it could almost be a King Crimson camp. I was reluctant to do it (I don't teach music, and am more comfortable just playing) but gradually I realized that specifically teaching is only a small part of what the camp could offer -- more than that it was a period of sharing our musical ideas and history, in a great setting. And the people who came, it turned out, were great folks, so it was not only good for me, it was very special, eating our meals all together in a big dining tent, having 'Crimson story' sessions, jam sessions (including a big one, where I undertook to conduct the whole 70 person group of campers and band, in a giant jam) open rehearsals, Stick player hours, and - particular fun for me - hearing the stories of the musical journey of some of the campers.
So it is one of those situations that sometimes happen where you stretch your boundaries by trying something you usually don't do, and you end up growing from it.


TLClub: Is there any band or musician(s) you listen to a lot lately? Or, any CDs, other than your own, that you recommend?

Tony: Lately, it's been a quiet time for me with new music. The group I was most interested, Sleepytime Gorilla Museum, has broken up - I'm interested to see what bands they will re-form into, especially Carla Keilstadt, who's solo cd's are great.
Mostly, I have been listening to jazz! I have a long range project underway, and I usually don't like talking about those until they are a reality, because plans change, and it's not fun to face years of people asking you what happened to your planned band or tour ... but I guess there's no reason for it to be secret, really.
I so enjoyed playing the cello on the CGT recording, that I re-strung it with tuning in 4ths, (so it wouldn't be so foreign to me) and started thinking about playing jazz on the cello - specifically in a small group with my brother Pete, who is a great jazz keyboardist. And I'd like to keep it to a single type of jazz - the music I grew up hearing in the '50's, which was relatively simple, with short songs, and very melodic. Well, this is a big challenge for me (another one!) since I don't play the cello real well, and I don't play jazz real well! So I've been practicing it in all my spare time, planning and hoping that in a year or so I will be able to play decently on live gigs with Pete, and then we'll aim at recording it after that. Hence (is that an okay word to understand? Maybe bettter is 'So...') So, I have been listening to records of groups like Chet Baker, and bassist Oscar Pettiford, to try to immerse myself a little in their talent, learn some lessons about phrasing, and see if I can apply those to the cello.
I trust that you, and the readers, will forgive me if it turns out that I never become good enough at jazz on the cello to actually fulfill that idea - but it is a wonderful thing about music that it can take you in different directions, and in my life I've found that it is always rewarding to follow that musical muse, no matter what the outcome.


TLClub: Thank you very much in this tough schedule!


2012年1月24日、CGTとの大阪公演終了後、Tony Levin Club of JAPANでは、トニーさんにインタビューをしました。
公演後でお疲れのところでしたが、いつものように快く答えて下さいました。


Tony: まずはじめに、日本のファンの皆さん、こんにちは!そして、いつも僕の関わる音楽に心を寄せて下さって、本当にありがとう。心から感謝しています。

TLClub: 今回、「アヴェマリア」を弾かれておられますが、久しぶりにクラシックをチェロで弾かれたご感想をお聞かせ下さい。

Tony: あの曲に参加を依頼された事自体、すごく嬉しいことでした。CGTは、メロディを弾いて欲しいというだけで、別にチェロでと指定はしませんでしたが、僕は明らかにベース(コントラバス)よりチェロが良い、そうすれば繰り返し部分でオクターブを変えられると思ったし、何にせよチェロは素晴らしい音色の楽器ですからね。
しかし僕のようなベース弾きにとって、チェロと持ち換えるっていうのは、実際に演奏したことの無い人からは同じような楽器に思えるでしょうが、実はそれほど簡単なことではありません。サイズが小さいだけでなく、チューニングも違う(チェロは5度)。そして音程に関して「誤差の猶予」がより少ないんです。(僕らベーシストは、弦長が長いおかげで、一番楽をしています。)さらに、クラシックを弾く時には、ビブラートのかけ方が少し違うので、チェロの奏法に合わせないと、ベース式のビブラートでは殆ど聞こえないことになってしまいます。
僕は幸運にも素晴らしいチェロを持っていまして、これは僕のNSベースと同じくNS社製です。Peter Gabrielの公演で「Signal to Noise」で使ったり、Stick ManのCDでも何曲かで使ってきましたが、今回この曲をちゃんと演奏するためには、思いっきり練習しなければなりませんでした。多分、あのシンプルなメロディーを弾くために、僕が今まで演奏したどのパートよりも練習したんじゃないでしょうか。いかに簡単におかしな演奏になってしまうか、自分でも驚かされますよ。でも一方で、全く「お仕事」ではなく、最後まで楽しんで取り組めました。そして結果にも満足しています。もちろんもっと上手く弾けたかもしれませんが、でも僕は、この非常に有名なメロディーを、自分でも恥ずかしくないようにきちんと弾ききる、そしてそれを楽しんでやる、ということを一番の目標においていましたから。
さて次のチャレンジはこの曲をCGTと一緒にライブで演奏することなんですが、僕自身は準備出来ているんですが、彼らが練習出来ずにいる(誰かメロディーを弾く人間が居ないと出来ないし、彼らは普段自分たち三人だけでツアーしてるんだから当然ですが。)ので、今回の日本公演では試してみませんでした。でも今年中にはきっと機会があるでしょう。多分、演奏するについては不安も感じるでしょうが、良いチャレンジになることでしょう。

TLClub: 最近では、ミュージシャンが集まらなくても録音が出来てしまいますが、ミュージシャン同士の繋がりが薄まったりすることはないのでしょうか?

Tony: 今は、自分のホームスタジオで、他のミュージシャンの顔も見ずに録音作業をすることがしばしばです。そういうやり方を始めた最初の数年は、他のミュージシャンからの意見や刺激が無いことや、当然、色んな楽しみが無いことが物足りませんでした。しかしこの方法が常識となり、殆どの演奏者がそれに慣れてしまった今、以前ほどは音楽に影響しなくなったと言えると思います。
でもこの質問は、演奏者同士の繋がりについてであって、その意味では実際、大きな変化をもたらしています。僕が他の演奏者と面識が無い場合(例えば、イタリア人の歌手がイタリアで行った録音にベースを加えるよう求められるとか)実際には彼らと一切会うことも無く、誰が参加しているのかも知ることはありません。これは、たとえ一週間、或いは数日でも一緒に時を過ごして、音楽を演奏し、冗談を言い合い、夕食を共にしたりして、プロジェクトの雰囲気やお互いの感じを掴んでいくのとは、まったく別物だということは明らかでしょう。繋がりというのは本来こうして生まれるもので、将来また一緒にやりたいという気持ちにもなるのです。「ファイル・シェアリング」ではこういう全てが失われてしまうのが残念です。今のこの録音のやり方によって、大勢の旧知のミュージシャン達との良い繋がりが変わってしまうことはありません。けれども初めての演奏者と知り合ったり、新しい音楽を通じて繋がりを感じたりということは無くなってしまいました。

TLClub: もしも、無人島に楽器をひとつだけ持って行けるとしたら、何を持って行かれますか?

Tony: 君の想像力には何時も思わず微笑んでしまいます。もちろん無人島では、電気系の楽器は使えないですよね。(まともな食料はあって欲しいと思いますが !)と言うわけでStickもベースもチェロもだめとなると、はっきり言ってピアノしかありません。(もともとピアノを弾くのは大好き。)そして島の気候で調律が狂う事に対処するため、貝殻と椰子の実で調律器具を拵えることにしましょう!

TLClub: 去年から始まった「Three of a perfect pair」campは、最初どのようなきっかけでやることになったのでしょうか?

Tony: これはエイドリアン(Adrian Belew)のアイデアだったんです。確か、彼にミュージック・キャンプをやらないかという提案をした人があって、それだったらPat Mastelottoと僕を巻き込めば、ほぼKing Crimsonキャンプになるぞと思いついたという事。僕は最初乗り気じゃなかったんです(僕は音楽教師じゃなくて、ひたすら演奏してるほうが気楽だから。)が、教えるという部分はこのキャンプのごく一部に過ぎず、何よりメインは僕らの音楽性や体験を、素晴らしい環境の中で、みんなと分かち合う事なんだと思いはじめたんです。そして結果的に、参加してくれた人達は素敵な人ばっかりで、僕にとっては、単にやって良かったという程度ではなくて、大きな食堂テントでみんなで食事をしたり、クリムゾン話で盛り上がったり、ジャムセッション(参加者やバンドメンバー合わせて70人全員での巨大なジャムで、僕が指揮者役をやったこともありました。)、公開リハーサル、スティック奏者の時間とか、あと僕が特に楽しかったのは参加者の何人かが自分の音楽遍歴を話してくれたことであったりとか、全くもって他に例えようのない体験になりました。 いわば、普段自分がしないような事に挑戦することによって、自分の殻を破って、成長することが出来るという一例ですね。

TLClub: 最近よく聴くバンドはありますか?またはご自分の作品以外でお薦めのCDはありますか。

Tony: 最近、新しい音楽については全く聞いていない状態です。一番興味のあったグループ、Sleepytime Gorilla Museumは解散してしまって、どんなバンドに再編成して出てくるのか、特に素晴らしいソロCDを出しているCarila Keilstatがどうなるか、気にして待っています。
今聞いているのは、殆どジャズばかり!実は長期プロジェクトが一つ進行中なんです。どんな計画でもいつ変更されるか分からないし、何年何年もファンから、あのバンドの案はどうなったとか、あのツアー計画はどうなったとか聞かれ続けるのは楽しい事じゃないから、本当に実現するまであまり話をしないようにしているんですが、別に隠さなきゃならない理由も無いので・・・。
CGTとの録音でチェロを弾いたのがあまりにも楽しかったので、(僕にとってちょっとでも違和感のないように)改めて4度のチューニングで弦を張り直して、このチェロでジャズを弾く、具体的には素晴らしい鍵盤奏者である兄のPeteを入れた小さなグループで、ということを考え始めています。さらに僕はある特定の種類のジャズ、50年代にそれを聞いて育った、比較的シンプルで短い、とてもメロディックな音楽に拘りたいと思っています。まあこれは僕にとって(またもや)大きな挑戦です。というのは、僕はチェロが上手くないし、ジャズだって上手くないからです。そんなわけでいつも暇があると練習したり、計画を練ったりして、一年かそこらあればある程度は弾けるようになって、Peteと共にライブでやり、その後レコーディングを目指せないかと思っています。さすれば(こんな言葉分かる?「そこで」のほうが良いかな。)そこで、この頃はChet Bakerとか、ベーシストのOscar Pettifordとかのグループのレコードを聴いて、彼らの才能に浸り、フレージングから何かを学び取って、僕のチェロ演奏に応用出来ないかと思っています。
もしも僕が、結局ジャズが弾けるほどチェロの腕前が上がらず、この夢が実現しなかったとしても、君や読者の人は許してくれるだろうと信じています。そして音楽の素晴らしい点は、そこからまた新たな方向性が開かれるということであって、今までの人生でも、結果がどうあれ音楽の夢を追求することは実りあることだと、僕は学んできたのです。
TLClub: お疲れのところ、本当にありがとうございました。

というわけで、本当にお疲れのところ、いつものことですがとても誠実に答えて下さいました。お会いするたびにトニーさんの人柄には実に感嘆するばかりです。








更新履歴

Road Diary 日本語版更新 (Apr. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 3, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 19, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 18, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 7, 2012)
トニー・レヴィン・クラブ・インタビュー掲載 (Jan. 27, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 10, 2012)
Now CDページ日本語版 (Dec. 6, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Dec. 6, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Dec. 3, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 17, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 13, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ14追加更新 (Nov. 2, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ14 (Oct. 30, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 30, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ13追加更新 (Oct. 27, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ13 (Oct. 25, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 25, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ11追加更新 (Oct. 21, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 21, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ11追加更新 (Oct. 19, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ12 (Oct. 18, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 18, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ11 (Oct. 18, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ10追加更新 (Oct. 16, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 16, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ10追加更新 (Oct. 15, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 15, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ10 (Oct. 12, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ9追加更新 (Oct. 12, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 12, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ9 (Oct. 9, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ8追加更新 (Oct. 9, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ8 (Oct. 6, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 6, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ7追加更新 (Oct. 5, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ7 (Oct. 3, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ6 (Oct. 3, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 3, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ5 (Oct. 1, 2011)
Road Diary 日本語版同日更新 (Oct. 1, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ4 (Oct. 1, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ3更新 (Oct. 1, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 1, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ3更新 (Sep. 23, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ3 (Sep. 21, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ1 (Sep. 21, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 21, 2011)
Two of a Perfect Trioツァーページ2 (Sep. 20, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 20, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 17, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 15, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 9, 2011)
3 OF A PERFECT PAIR CAMPページ2日本語版 (Aug. 30, 2011)
3 OF A PERFECT PAIR CAMPページ1日本語版 (Aug. 30, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 30, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 7, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 31, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 23, 2011)
Stick Menロシア公演ページ(Jul. 5, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 5, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 21, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 20, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (May. 10, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ6(Apr. 24, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 24, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ5追加更新(Apr. 18, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 18, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ5(Apr. 16, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 16, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ4追加更新(Apr. 15, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ4(Apr. 13, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ3追加更新(Apr. 13, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 13, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ3(Apr. 9, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ2追加更新(Apr. 9, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 9, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ2追加更新(Apr. 5, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 5, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ2(Apr. 4, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 4, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ1追加更新(Apr. 3, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 3, 2011)
Stick Menヨーロッパツァーページ1(Apr. 2, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 2, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 1, 2011)
Stick Men南アメリカツァーページ3(Apr. 1, 2011)
Stick Men南アメリカツァーページ2追加更新(Apr. 1, 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 31 2011)
Stick Men南アメリカツァーページ2(Mar. 17 2011)
Stick Men南アメリカツァーページ1追加更新(Mar. 17 2011)
Stick Men南アメリカツァーページ1(Mar. 15 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 15 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 9 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 19 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 14 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 3 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 14 2011)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 4 2011)
L'Imageヨーロッパツァーページ2(Nov. 2 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 2 2010)
L'Imageヨーロッパツァーページ1更新(Oct. 31 2010)
L'Imageヨーロッパツァーページ1更新(Oct. 30 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 30 2010)
L'Imageヨーロッパツァーページ1(Oct. 27 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 27 2010)
CGTニュージーランドツァーページ(Sep. 11 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ8(Sep. 11 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ7(Sep. 11 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ6(Sep. 11 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ5(Sep. 11 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 11, 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ4(Jul. 12, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 12, 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ3(Jul. 4, 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ2(Jul. 4, 2010)
Stick Menヨーロッパツァーページ1(Jul. 4, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 4, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jun.26, 2010)
Stick Men日本ツァーページ5(Jun.20, 2010)
Stick Men日本ツァーページ4(Jun.20, 2010)
Stick Men日本ツァーページ3(Jun.20, 2010)
Stick Men日本ツァーページ2(Jun.20, 2010)
Stick Men日本ツァーページ1更新(Jun.20, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jun.20, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jun.15, 2010)
Stick Men日本ツァーページ1(Jun.4, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jun.4, 2010)
Stick Men北米ツァーページ7(May 31, 2010)
Stick Men北米ツァーページ6(May 31, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 31, 2010)
Stick Men北米ツァーページ6(May 29, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 29, 2010)
Stick Men北米ツァーページ5(May 26, 2010)
Stick Men北米ツァーページ4(May 26, 2010)
Stick Men北米ツァーページ3(May 26, 2010)
Stick Men北米ツァーページ2更新(May 26, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 26, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 22, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 21, 2010)
Stick Men北米ツァーページ2(May 16, 2010)
Stick Men北米ツァーページ1更新(May 13, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 12, 2010)
Stick Men北米ツァーページ1(May 11, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 11, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 8, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 5, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (May 1, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ9(Apr. 26, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ8(Apr. 26, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 26, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ7(Apr. 21, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ6(Apr. 21, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 21, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ5(Apr. 18, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 18, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ4(Apr. 17, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ3(Apr. 17, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ2更新(Apr. 17, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 17, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 13, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ2(Apr. 11, 2010)
HoBoLeMaヨーロッパツァーページ1(Apr. 11, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 11, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 1, 2010)
Road Diary 日本語版同日更新 (Mar. 16, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ8(Mar. 11, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ7(Mar. 11, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 16, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ6(Mar. 11, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ5(Mar. 11, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ4(Mar. 11, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 11, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ3(Mar. 10, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ2(Mar. 10, 2010)
Stick Menラテンアメリカツァーページ1(Mar. 10, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 10, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 8, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 5, 2010)
Road Diary 日本語版再更新チリへ! (Mar. 4, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 4, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 20, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 13, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 6, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 27, 2010)
古い手紙(Jan. 21, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 21, 2010)
2010年NAMMショーページ2(Jan. 19, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 19, 2010)
2010年NAMMショーページ1更新(Jan. 19, 2010)
2010年NAMMショーページ1(Jan. 17, 2010)
HoBoLeMaツァーページ3更新(Jan. 17, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 17, 2010)
HoBoLeMaツァーページ3(Jan. 15, 2010)
HoBoLeMaツァーページ2更新(Jan. 15, 2010)
HoBoLeMaツァーページ2更新(Jan. 14, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 14, 2010)
HoBoLeMaツァーページ2(Jan. 11, 2010)
HoBoLeMaツァーページ1(Jan. 11, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 11, 2010)
HoBoLeMaツァーページ1(Jan. 8, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 8, 2010)
HoBoLeMaツァーページ1(Jan. 6, 2010)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 6, 2010)

以前のコンテンツはアーカイブでご覧になれます。




◆トニーさん来日情報です




2012年1月24日(火)大阪ビルボードライブ、25日(水)東京ビルボードライブで、カリフォルニア・ギター・トリオとの公演があります。 詳しくは、ビルボード・ライブ大阪ビルボード・ライブ東京をチェックして下さい。



◆CGTの新しいアルバムが届きました




1月にトニーさんと共に来日するCalifornia Guitar Trioの新作CD「Masterworks」が届きました。このアルバムはBach,Barber, Beethoven, Part,Schubert,Rossini,Vivaldiの作品を非常に美しく演奏しています。全11曲中3曲でトニーさんも参加(BachとSchubert)。iTunesAmazonでダウンロード販売もしています。是非!
(うちはCGTさんとトニーさんにサインしてもらうべく、アメリカからCDを買いました。詳しくは上のジャケットをクリックして下さい。)


◆LEVIN/TORN/WHITE が届きました。




PapaBearレコードから予約購入し、9月22日に到着。先着千枚まではサイン入りです。


◆トニーさんが参加しているアルバムのご案内



Peter Chilversのアルバム、"SLOW ELECTRIC"にベースとスティックで2曲参加しています。
Peter Chilversは以前にブライアン・イーノと一緒にiPhoneアプリのあのBloomを作った人で、更に最近新作のTropeもリリース。素晴らしいAppです。

このPVでお分かりのようにしっとりとした佳作です。CDの購入は上記リンクからどうぞ。
yamaさん情報ありがとう!


◆新プロジェクト、LEVIN/TORN/WHITE が9月13日リリース




PapaBearレコードで現在発売中
最初の千枚まで3人のサイン入りだそうです。
更に、iTunes でもダウンロード販売されています。

A collaborative beatdown of original progressive rock instrumentals by three legendary musicians:
Tony Levin - Bass and Chapman Stick
David Torn - Guitar and Textural Events
Alan White (from YES) - Drums and Percussion

Levin - Torn - White is sure to be appreciated by fans of King Crimson, Torn’s wild guitar work and classic Yes. The album, one year in the making, was recorded in Seattle, WA, Woodstock, NY & New Plymouth, New Zealand. It is produced by Scott Schorr and Tony Levin for Lazy Bones Recordings.


◆6月6日はトニーさん65歳の誕生日




毎年のことですが、づんとKeiからクラブのメンバーを代表して、トニーさんにお誕生日のお祝いメッセージをお送りしたところ、早速お返事をいただきました。
以下訳
『やぁお二人。優しくも僕の誕生日を覚えていてくれてありがとう。
日本のおかれている困難な状況について、いつも気にかけています。とても大変な状態でしょう。そのような中にあり、あなたたちが大丈夫でいてくれることを心から祈っています。

King Crimson ProjeKctについてですが、実は僕は発売について何も聞いていないんです。でも、あの曲のベースパートの演奏は気に入っていますし、Robertも気に入ってくれたのは分かっています。
しかし、ツァーはしないでしょう。彼らは僕にツァーをやらないかと誘ってきました。しかし、それはRobert抜きでという話でした。それは僕の気に入らなかった。
だから、まだ日本にいつ行けるかははっきり分かりません。そう長くないことを願っています。

ところで、僕とAndiは今日の誕生日にいいニュースを聞けました。Andiが所属政党から市長選候補に正式に推薦されたのです。これで彼女は11月のキングストン市長戦を走り出すことになりました。やったね!
(以下略します)』

うーん、凄い。もし当選したら、市長の夫は何と呼ばれるのだろう。反対なら市長夫人だから、市長夫?(^^;;


◆A King Crimson ProjeKct 新作リリース




本日(6月4日)当Tony Levin Club of Japan総本部に、Robert Fripp、Mel Collins、Jakko Jakszyk、Tony Levin、Gavin Harrisonらからなる、A King Crimson ProjeKctの新作、A Scarcity Of Miracles(CD+DVDバージョン)が到着しました。
DGMによれば、予約された方には金曜日から製品が到着次第送付開始とのことですが、一般発売は6月末に延期されたそうです。
ところが、流石はディスクユニオン新宿プログレ館さま。もうこちらの手元にお送り頂きました。力ある!
ということで、興味がある皆さん、ディスクユニオン新宿プログレ館へ走りましょう!
もちろんDGMのサイトからもお求めになれます。


◆トニーさんからお見舞いのメッセージが届きました。


このたびの大震災、大津波、原発事故に深く心が痛み、世界中の皆さんと同様に、心からのシンパシーと、本当に心配しているというメッセージをいただきました。
トニーさん、ありがとうございます。



◆震災、大津波で被災された皆様に、心からお見舞い申し上げます。


この大変な状況の中で、少しでも気持ちを明るくなるようなお手伝いががわずかでもできれば、と願っています。
一刻も早く、より良い暮らしになられますようにお祈りいたします。



◆Stick Men ブエノスアイレス公演オフィシャルブートレッグ リリース!


Stick Menの南アメリカツァーでの、ブエノスアイレス公演オフィシャルブートレッグがダウンロード販売開始しました。
お買い上げはこちらをクリックして下さい。また、 上のアルバムジャケット画像からも販売ページにリンクしています。
内容は、
     1. Indiscipline 10:01
     2. Smudge 05:39
     3. Slow Glide 14:16
     4. Hands 08:31
     5. Vrooom Vrooom 05:20
     6. Crack In The Sky 05:34
     7. Soup 05:42
     8. Red 06:28

アルゼンチンのブエノスアイレスでの、Teatro ND Ateneoにおいて行われたStick Menの公演の中から、8曲が選ばれています。公演日は2011年3月13日で、リハーサルの中からと、2曲はライブでのミキシング卓から直接録音されたものです。
ファイルタイプはMP3をはじめ、FLAC、ALACなど、どれでも選べます。iPod、iPhoneをご利用の方は、ALAC(Appleロスレス)を選ぶと便利です。アルバムジャケットがそのまま自動的に登録されます。



◆Stick Men New EP リリース!


Absalom


Stick Menの新作EPがダウンロード販売を開始しました。
上のアルバムジャケット画像から販売ページにリンクしています。
以下の曲をそれぞれ試聴する事も出来て、一括販売で代金は8ユーロ(以上)。 以上というのが面白いですね。

クリムゾンのソリッドかつハード・フレイバーを感じさせる曲や、トニーさんならではの、たゆたう低音が楽しめるアルバムです。
音源はいくつか種類を選べますが、iPodやiPhoneをお使いの方にはALACバージョン(Appleロスレス)がおすすめです。そのままiTunesにファイル追加すればアルバムジャケットも登録されて便利です。
     1. Absalom
     2. Smudge
     3. Big Dog
     4. Crack In The Sky
     5. Time's Insane Ashes
     6. Pomegranate

     released 12 March 2011
     Tony Levin: Chapman Stick
     Pat Mastelotto: Drums
     Markus Reuter: Touch Guitars U8




◆トニー・レヴィン インタビュー


米国のBass Frontiers誌のwebsiteにトニーさんのビデオインタビューが11月2日付けで掲載されています。 http://www.bassfrontiersmag.com/video-interview-tony-levin

以下、Bass Frontiersのウェブサイトのキャプションから引用…
「ベース奏者が”プログレッシブロック”というものを密かに考える時、Tony Levinはほとんど最初に心に浮かんできます。Tony LevinはこれまでPeter Gabriel、King Crimson、Liquid Tension Experiment、そしてBozzio, Levin, & Stevensなどに関わって来ました。更に、もし4時間ほどでもロックのラジオ局を聞いていたなら、きっとTony Levinのベースを耳にすることでしょう。
沢山のプログレッシブロックバンドの重要なメンバーであったことに加えて、Levinはこの40年間ファーストコールのセッション/ツァープレイヤーで居続けています。その中にはPaul Simon, John Lennon, Stevie Nicks, Pink Floyd, Peter Frampton, James Taylor, Gary Burton, Buddy Rich, そして Cherなどが含まれています。

Bass Frontier誌のチーフエディターのDave Fowlerは、以下のように言っています。
『彼はこれまで多くのアーティストたちと演奏したりレコーディングをしてきたけれど、僕がTonyの演奏を知ったのは、King CrimsonやPeter Gabrielなどプログレッシブロックのパイオニアとしてのものでした。その頃は、ベーシストとしてTonyが僕に途方もない影響を及ぼすことになるだろうことは知りませんでした。彼のユニークなアプローチとスタイルは彼を素晴らしい演奏家たらしめ、僕の意見では彼は偉大なミュージシャンの標だと思います。彼の音はまた一度聞けば忘れがたく、Music Man Stingrayで世界中の人々をうならせ続けてるんです!
ホテルの彼の部屋に座って彼の話を聞くのはすごくクールな体験でした。僕にとってのヒーローに会うのはいつでも一大事です。沢山の人が偉大なTony Levinとのビデオインタビューをご覧になって欲しいと思います。』

…引用終わり。


約10分間のビデオで、トニーさんがEastmanミュージックスクールを出てからニューヨークでのスタジオ活動を経てこれまでのプログレッシブ・ロックをめぐる経歴を、カメラを通して優しく語りかけてくれます。




◆トニー・レヴィン インタビュー


2010年6月6日、Stick Men大阪公演終了後、Tony Levin Club of JAPANでは、トニーさんにインタビューをしました。
公演後でお疲れのところでしたが、快く答えて下さいました。

(翻訳は、原文の下に掲載してあります)

Tony Levin Interview


Club: 1. You recorded a Classical music (the Firebird Suite) for the first time. Is this something you would continue to do in the future?

Tony: The Firebird was a big challenge for us. First, to decide which of the many sections to try to play, then to 'figure out' something of the harmonies! (The orchestral music is not just chords and melody, like rock - it's contrapuntal voices, many of them, moving in different ways -- so I wanted to keep some of the voices, but with only two Sticks playing them, we needed to be sure to imply the whole harmony.) (Okay, I cheated, and in some sections there are more than two Sticks playing lines on the recording!) Then, the big challenge to adapt the sections I chose for the Sticks. The intention was not just to manage to play the music, but to adapt it to our kind of sound and our kind of energy. Some sections on the recording aren't really Stravinsky at all ... just our impression of what went on in a section. (And I recorded a 5th movement that didn't make it onto the recording.) Anyway, after we recorded it, I was very happy with the result - but then came another challenge - playing it live! So it's been quite an adventure for us.

Now, what are the plans for more Classical? Well, we do have it in mind as a possibility, but there is no choice yet. Moussorgsky's Pictures at an Exhibition would be perfect, but it's been done, famously, by ELP, so we would be thought of as copying them. Pat has mentioned the sound track of the film "Psycho", which is somewhat Classical, and pretty cool music. We'll see. The Firebird was pretty unique in that it has lots of great melodies, challenging harmonies, and powerful sections that can sound like a heavy rock band.



2.If so, can you tell us which work you would like to do or already have in your mind?

I'm not sure whether that refers to Stick Men, or to me. My hope is to continue touring a lot with Stick Men, and to eventually get started on our next release (though it's likely there will first be a live album.) If King Crimson or Peter Gabriel plans something, I will try to find a way to work that in as a priority, and have Stick Men go on tour in some other time. Then there are other projects - the L'Image band has a tour in the Fall. I will go to New Zealand with California Guitar Trio in August - it's always fun with them. And sometime in the next two years I want to release another solo album. Also, I am (very slowly) compiling a book of my lyrics and poetry. Hopefully I can finish that project before I'm too old to read it!!


3.In an interview that you did in Japan before, you said that someone you would like to play with was Joni Mitchell. You still think so or is there someone else now?

I have said Joni Mitchell, and Jimi Hendrix(!) in interviews before. Of course, there are lots of great musicians and great artists who I would love to play bass with. If I will choose one right now, I'll say Carla Kihlstedt.


4.What would you like to be, if you can start a new life? And why?

Probably like most people my age, I feel that it's taken me so long to find out what I now know about life, I wouldn't want to go back and start over! So, though it doesn't exactly answer the question, I will point out that I am very aware now how lucky I am to be able to play special music for a life's work. And to join up with great players to do what we love to do. There were conflicts when I was younger, with new relationships, and then with my young daughter needing me at home - but now Maggie is 25 and very happily creating things on her own in New York City - and my wife is happy to have me out of the house a bit(!) So, it's a great time, health permitting, to travel a lot and play the music I love for people who want to hear it. I can't think of something better I could plan to get from life if I were to start over.


5.Can you share with us any word, phrase, or idea that you like, or you think important or beautiful?

I have plenty! I keep a notebook handy to write song and poem ideas... and I'm always jotting down short phrases in my laptop too... so here is something short, from the laptop:

The world is a strange place - wondrous, but complicated and perverse.
If the world is a fruit, it's not an apple that you can just take a bite out of, it's a pomegranite. Bite into that!

my luggage has gone ahead by van, so I don't have my main notebook, but here's something from my small pad:.

When we improvise we are hunting, with our musical bows and arrows.
Hunting not for musical notes, but for moments of meaning.
The nature of that quarry can't be described by our languages, but it is real.
And everyone - players and audience, knows when something significant has been captured.
We understand it's meaning, in our bodies, in our tribal mind - and we share it's bounty.



6.Any word, phrase of idea that you dislike?

When I worked with Seal, I heard him say, a couple of times, "I hate that... No. I don't hate. I don't hate anything" Maybe I don't have the words quite right, but I was left with a lasting idea that the word 'hate' is not something I want to use about my own experience.



7.Who was the most influential person in your life?

Only when my father died did I begin to realize, in retrospect, how much his approach to creativity and the arts had influenced me. There have been many people who were big musical inspirations to me, but because my fathers influence was from the beginning, I'd say his was the biggest for me.


8.We know that you have travelled around the world many times now. Is there any secret for staying healthy during a long tour?

Hah, this made me laugh, because I'm very aware how much harder touring becomes when you're not healthy. I've been very lucky this year, with a packed schedule, not to pick up any problems. Alas, I have no secret. Lucky to have chosen to stop eating meat a long time ago, I think that helps stay a good weight and low fat diet. I know some road musicians who recommend a lot of vitamin C, which seems to work well -- myself, I only begin taking it if I feel something coming on. Excersize; it's ironic that I excercize a lot when home - but on the road, where I really need it, it's hard to find the time and gym to do it - so I'm always recovering, when back home, from getting out of shape on the road.


9.Of all the countries you have visited, what countries do you like best?

I like all the experience of travelling -- new places have become very special after all these years of seeing the same places. You should understand that when we tour with a band, we don't get to really see a place, there's no time. So my impression comes from the people I happen to meet, and the airports and trains, and from the food! Of course it's much easier for us in countries that have some non- meat food. So Germany is difficult, and Spain. Japan easy. And Italy, in my opinion, has the best food, and the most beautiful language.


10.Any new instrument you are interested now?

No new instruments on my horizon. Actually I am missing the bass! I've been playing so much with Stick Men, on just Chapmen Stick, that I've played my bass very little this year. That will change, I suppose. And I am enjoying exploring the many many things you can try on the Stick. As much as I've played in and practiced it, something new and challenging is always presenting itself (if only I can practice MORE!)


Last question. When you go to heaven, what would you like to be told by God?

Well ...
I think God would say "You were wrong, I'm here!"
OR...
"Can you play bass on a track for me?"
OR
"I TOLD you you were drinking too many espressos."
OR
"You're just in time, John's about to go out on tour. To the other place!"



Thank you so much. We hope that you keep on making lots of good music in studios and live. Please take good care of you.


1、クラシックの曲が初めて入りましたが、これからクラシックにも挑戦していくのでしょうか?

 「火の鳥」は相当なチャレンジでした。先ず、沢山あるセクションのどの部分を採り上げるかという判断をし、その上でハーモニーの問題を解かなくちゃならない。
オーケストラの曲は、ロックみたいにコードとメロディだけで出来てるんじゃなくて、沢山の対位的で複雑に動くメロディの組み合わせで、その内のいくつかのメロディを生かそうとするんですが、一方でStick2本という限られた範疇で、なんとか全体の和音を暗示する必要もあるわけです。
いや、実際はズルもしてます。いくつかのセクションでは、Stickを2本以上使って録音されてる箇所もありますよ!
更に大変だったのはそうやって選んだセクションをStick用に編曲することです。ただ演奏してみました、というのではなくて、このグループのサウンドやエネルギーに相応しい音楽に仕立てることが目的ですからね。だから部分的には、厳密にはストラビンスキーの曲とは言えないけれど、僕らのイメージでここはこうだろうという演奏をしてる箇所もあります。(他に、僕は最終的に収録しなかった第5楽章も録音しました。)
いずれにせよ、録音してみて、結果には大いに満足したんですが・・・その後、それをライブで演奏するという別のチャレンジが残ってたってことで、相当な冒険でした。

それと、今後またクラシックの曲をやるかについては、実際その可能性は考えてますが、まだ曲までは決まってません。ムソルグスキーの『展覧会の絵』なんか最適ですけど、この曲にはELPの有名なカバーがあって、彼らのコピーだと受け止められるでしょ。
Patから、映画「サイコ」のテーマっていう案が出ていて、これもクラシックみたいなものだし、確かにクールな曲ですが、さてどうなるでしょう。「火の鳥」は良いメロディーが満載で、ハーモニーは半端じゃないし、その上パワフルな部分はヘビーなロックみたいな鳴り方がするという、実にユニークな曲なんですよ。


2.そうだとすれば、どのような曲を?(訳注:この質問については、英語訳が悪かったのでしょう、トニーさんはちょっと意味を取り違えているようです・・・)

この質問は僕個人のことか、Stick Menとしてか、判断しにくいけれど・・・僕としてはStick Menとしてもっとツアーを続けて、そこから次のアルバム作成につないで行きたいですね。(多分まずライブアルバムが先になりますが。)もしKing CrimsonやPeter Gabrielの方で動きが出てきたら、そちらを優先する道を探っていって、Stick Menのツアーはそれ以外の時間にまわす事になると思います。それ以外にもプロジェクトがあって、秋にはL'Imageのツアーですし、8月にはCalifornia Guitar Trioとニュージーランドへ行くのを楽しみにしてます。そして今後2年間にソロアルバムを一枚出したいとも思っています。それから僕は(実にゆっくりとではありますが)僕の書いた歌詞や詩を一冊の本にまとめています。なんとか僕が年老いて、読書が出来なくなるまでには仕上げたいですね。

3、以前、来日インタビューで、一緒に演奏してみたいミュージシャンに「ジョニ・ミッチェル」と応えていましたが、今も同じでしょうか?

以前のインタビューではJoni MitchellとかJimi Hendrix(!)の名前を挙げてました。勿論、ベーシストとして共演してみたい偉大なミュージシャンやアーチストは山ほど居ますが、今もし一人だけ選ぶとすれば、Carla Kihlstedtでしょうか。

4、もう一度生まれてきたら、何になりたいですか?その理由も。

きっと僕と同世代の大多数の人がそうだろうと思いますが、長い時間を掛けて、今やっと人生に関するなにがしかの事を学んだと思っているんで、これからもう一度やり直したいとは思いませんね。
質問の答えにならないかもしれませんが、僕はいまやっているようなスペシャルな音楽を、自分のライフワークとして出来ることは、凄く幸運なことだと自覚しています。自分の大好きな音楽を、素晴らしい仲間と一緒にやれる事もね。もっと若い時には、その時その時の人間関係で悩み事もあったし、娘が小さかった頃は出来るだけ家にいてやる必要がありました。でも今はMaggieも25歳になって、ニューヨークで彼女自身の作品を作りながら幸せに生きてますし、僕のワイフは僕がいつも家にいないのを喜んでる。だから健康の許す限り、あちこち旅行しながら大好きな音楽を、それを求めている人々の前で演奏出来るのは、素晴らしいことですよ。もしやり直せるとしても、人生からこれ以上のことを求めるなんて、考えられません。


5、好きな言葉はなんですか?

沢山ありますよ!僕は曲とか詩のアイデアを書き留めるのにノートを持ち歩いていてるし、ノートパソコンにもちょっとした言葉を書き留めたりしています。その内のいくつかを紹介すると:

『世界とは奇妙なところで、素晴らしくもあり、また複雑でひねくれてもいる。もし世界を果物に例えるなら、それは気軽に齧り付けるリンゴではなく、ザクロだ。さあ、噛んでごらん!』(訳注:どうもザクロには食べにくく、染みになりやすい厄介な果物というイメージがあるようです)

それから、荷物を先に送っちゃったので、メインのノートが手元にないんだけど、小さなメモに書き留めた言葉:

『即興は、音楽という弓矢を用いる狩りだ。
音そのものを追うのではない。音が意味を持つその瞬間を追い求めるのだ。
その獲物を言葉で語ることはできない。しかしそれは確かにそこにある。
そして演者も聴衆も、それが捉えられた瞬間を感じることが出来る。
誰もがその意味を身体と原始の心で感じている。
そしてその豊かな富を分かち合うのだ。』

6、嫌いな言葉はなんですか?

以前Sealと仕事をしたときのこと、彼が二度ほどこんな事を言いました。「僕が嫌いなのは・・・いやいや、嫌いってことはないか。僕は何にも嫌いじゃない。」言い方はちょっと違っていたかも知れませんが、それ以降僕は「嫌い」という言葉を、自分を語るときには使いたくないとずっと思っています。

7、今までの人生で、一番影響を受けた人は?

僕の創作やアートに対する今までの考えが、どれほど父に影響されていたのか、父が亡くなって初めて気づきました。音楽に関して僕に大きな刺激となった人は沢山いるけれど、生まれたときからずっとという意味で、父の影響が一番大きいと思います。

8、地球を何周もしておられると思いますが、長いツァーを健康に過ごす秘訣はなんでしょうか?

ははっ、これには笑いました。というのも僕は、体調を崩すとツアーがどれ程きつくなるかは、とことん分かってますからね。今年はすごく幸運で、過密スケジュールの割には何も問題なくやってきました。嗚呼、我に秘策なし。随分前に肉を食べなくなったのは良かったと思ってます。お陰で体重も増えないし、脂肪も抑えられます。
ツアーに良く出るミュージシャンの中には、ビタミンCを沢山摂れっていう人もいます。確かに効くみたいですが、僕自身は、調子悪くなりそうな予感がする時に飲むようになりました。エクササイズは、家では良くやってるくせに、実際それが必要なツアー中は時間も無いし、ジムも見あたらないという皮肉な状況です。だから家に居るときは常に、ツアーで弛んだ身体を鍛え直してます。


9、沢山、訪問した国々の中で一番好きな国は?

僕は旅行に関するあらゆる事が好きなんですが・・・これだけ何年も同じような土地を回っていると、初めての場所に行く事が実に貴重な体験になってきました。皆さんに理解して貰いたいのは、バンドでツアーしていてもその土地を観光する時間は殆ど無いということです。だからそこで出逢った人々の印象と、空港、列車、そして食べ物の印象ぐらいしか残りません!そして勿論、僕らには肉以外の食べ物のある国がありがたいですね。というわけでドイツは辛いです。スペインも。逆に日本はありがたい。そしてイタリア。僕としては一番食べ物が美味くて、言葉も一番美しいと思います。

10、今興味を持っている新しい楽器がありましたら教えて下さい。

僕の知る限りでは特にありません。実は今、Stick MenでずっとChapmen Stickしか弾いていないので、ベースが恋しいんです。今年はほとんど弾いてませんからね。まあ、これからは違うでしょうけど。それと今、Stickを使って色〜んな新しいことをやってみるのが楽しいですね。これまで嫌っていうほど弾いたり練習したりした楽器ですが、まだまだ新しいチャレンジを発見しています。(ただもっと練習時間があれば!)

最後の質問です。天国に行ったら、神様になんと言われたいですか?

う〜ん、
きっと神様は『どうだ、間違ってたじゃろ?神は実在するんじゃ。』
とか、

『わしの曲でベース弾いてもらいたいのがあるんじゃが。』
とか、

『だから、エスプレッソを飲み過ぎじゃと言うたじゃろが。』
とか、

『ちょうど間に合うた。ジョンは今ツアーに出るところじゃ。もうひとつの場所への。』

なんて言うんじゃないでしょうか。




ありがとうございました!
これからもご健康に気をつけて、ご活躍を期待しております。
(インタビュー翻訳:深谷源洋さん。このインタビュー記事の転載は、堅く禁じます)




Hi! Tony. Welcome to JAPAN!


Stick Men日本ツァーの大阪公演に、Tony Levin Club of JAPAN 総本部と関西支部のメンバーが聞きに行きました。ちょうど6月6日はトニーさんの誕生日ということで、公演後のサイン会のあとで会場でトニーさんを囲んで、小さな、でもとても暖かいバースディーパーティーに参加することができました。








(撮影:タノ爺さん)

トニーさんはもちろんのこと、パットさんの人柄の良さは抜群で、今回の公演で音作りの中の秘密の仕掛けをこっそり教えてくれました。これから公演に出かける方は、この秘密にきっとそれと知らずにココロを鷲掴みにされること請け合い!
King Crimsonの大ファンだというミシェルさんに、King Crimsonのメンバー2人と共演することにプレッシャーは無いか、と尋ねたところ、言下に「No!」と言い切ってました。さすが。
また、この席でトニーさんにインタビューをすることが出来ました。とても興味深い回答で、これについては改めて特集ページを作ります。カミングス〜〜〜ン!!



大阪公演のセットリスト


Tony Levin Club of JAPANがツィッターを始めました!
http://twitter.com/TL_Clubを是非フォローしてみて下さい。




Google
↑Tony Levin Club of JAPAN サイト内検索

Tony Levin Club FAQ:

Q)Beyond the Bass Clefの日本語版は出版されるのですか?
A)単行本で出版される予定は今のところないようです。しかし、リットーミュージック社から出版されているベース・マガジンに毎月連載の形で翻訳が掲載されていました。(現在連載終了)それらがまとめて出版されるかどうかは分かりませんが、多分……されないのでは?

Q)Funk Fingerが欲しくて、パパベアのサイトを調べても売っていないのですが・・・
A)残念ながら今はもう販売を停止しています。以前とは違う形で販売するかもしれない、とはトニーさんは言っていましたが、現在見通しは全く立っていません。
以前販売していたものの写真やサイズをFunk Finger全解剖ページに掲載しました。何人かの方がこれを参考に作っておられます。






Tony Levin Club of JAPAN site : since May 28 1996

ご意見、ご質問は、iwwkアトマークpo.incl.ne.jp(スパム対策で全角で書いてあります。すみません)までどうぞ。

お願い:当ページはリンクフリーです。ただ、リンクはトップページ(http://www.ient.or.jp/tlclub/)へ、お願いいたします。
著作権について:このサイトに掲載されている、引用であるとお断りした部分以外のすべての文章と CD、レコードジャケット写真以外のすべての画像は、トニー・レビン・クラブ・オブ・ジャパンが著作権を 保持しています。すべてのコンテンツの引用・無断掲載はお断りいたします。
また特に、ロード・ダイアリーや関連ページなど、彼のオリジナルサイトを翻訳したコンテンツは トニー・レビン氏に著作権があります。
DGMサイトにある、California Guitar TrioのPaul Richards氏による日記の翻訳とその掲載については、 Paul Richards氏から許諾を得ています。この文章の著作権はPaul Richards氏、およびトニー・レビン・クラブ・オブ・ジャパンが 保持しています。また、該当ページのすべての画像は、DGMの許諾なしに二次使用は認められておりません。 無断での引用・掲載を堅くお断りいたします。
また、このサイトにある雑誌の引用部分は、該当出版社に既に使用許可を頂いております。 引用を快く認めてくださった方々に深く感謝します。