TLC-logo_orange.jpg

低音奏者、Tony Levinさんのファンサイトです



TONY LEVIN'S WEBSITE日本語訳はこちら
更新日時:2014年7月23日水曜日

◆King Crimsonのツァー・リハーサルがスタート
英国のJakkoのホームスタジオで、リハーサルがまた始まりました。
いよいよフル・バンドでのリハーサル開始。

リハーサルのダイアリーも始まっています。下の更新履歴をチェック!

full band


更新履歴

Road Diary 日本語版更新 (Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー11(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー10(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー9(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー8(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー7(Jul. 17, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー6(Jul. 14, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー5更新(Jul. 14, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー目次(Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー5(Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー4(Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー3(Jul. 8, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー2(Jul. 1, 2014)
Crimson ProjeCKtツァーダイアリー1(Jun. 25, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 22, 2014)
King Crimsonツァーダイアリー目次(Jun. 15, 2014)
King Crimsonリハーサルページ4(Jun. 15, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 15, 2014)
King Crimsonリハーサルページ3(Jun. 12, 2014)
King Crimsonリハーサルページ2(Jun. 8, 2014)
King Crimsonリハーサルページ1更新(Jun. 7, 2014)
King Crimsonリハーサルページ1更新(Jun. 4, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 4, 2014)
King Crimsonリハーサルページ1(Jun. 3, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 30, 2014)
Peter Gabrielツァーページ15更新(May.27, 2014)
Peter Gabrielツァーページ15(May.26, 2014)
Peter Gabrielツァーページ14(May.25, 2014)
Peter Gabrielツァーページ13(May.24, 2014)
Peter Gabrielツァーページ12(May.23, 2014)
Peter Gabrielツァーページ11(May.20, 2014)
Peter Gabrielツァーページ10(May20, 2014)
Peter Gabrielツァーページ9(May.20, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 20, 2014)
Peter Gabrielツァーページ8(May.14, 2014)
Peter Gabrielツァーページ7(May.11, 2014)
Peter Gabrielツァーページ6更新(May.11, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 11, 2014)
Peter Gabrielツァーページ6(May.8, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 8, 2014)
Peter Gabrielツァーindex(May. 6, 2014)
Peter Gabrielツァーページ5(May. 5, 2014)
Peter Gabrielツァーページ4(May. 4, 2014)
Peter Gabrielツァーページ3(May. 3, 2014)
Peter Gabrielツァーページ2(May. 3, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 3, 2014)
Peter Gabrielツァーページ1(Apr. 29, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 29, 2014)
プログレッシブロッククルーズ3(Apr. 19, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 17, 2014)
プログレッシブロッククルーズ2(Apr. 12, 2014)
プログレッシブロッククルーズ1(Apr. 12, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 12, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 7, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ17(Apr. 5, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ16更新(Apr. 4, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ16(Apr. 3, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ15更新(Apr. 3, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ15(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ14(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ13(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァー目次ページ更新(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ12(Mar. 29, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ11(Mar. 27, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ10(Mar. 23, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ9(Mar. 22, 2014)
Crimson projeKCtツァー目次ページ(Mar. 21, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ8(Mar. 21, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 21, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ7追加更新(Mar. 19, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 19, 2014)
<Crimson projeKCtツァーページ7追加更新(Mar. 18, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ7(Mar. 17, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ6(Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ5(Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ4(Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ3(Mar. 16, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ2(Mar. 9, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 9, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ1(Mar. 4, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 24, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 26, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 15, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 8, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 19, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 9, 2013)
Peter Gabrielツァーページ24(Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ23(Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ22(Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ21(Nov. 4, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ20(Oct. 25, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 25, 2013)
Peter Gabrielツァーページ19(Oct. 24, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 24, 2013)
Peter Gabrielツァーページ18(Oct. 21, 2013)
Peter Gabrielツァーページ17(Oct. 21, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 21, 2013)
Peter Gabrielツァーページ16(Oct. 19, 2013)
Peter Gabrielツァーページ15(Oct. 18, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 18, 2013)
Peter Gabrielツァーページ14(Oct. 14, 2013)
Peter Gabrielツァー目次ページ作成(Oct. 14, 2013)
Peter Gabrielツァーページ13(Oct. 14, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 14, 2013)
Peter Gabrielツァーページ12(Oct. 12, 2013)
Peter Gabrielツァーページ11(Oct. 11, 2013)
Peter Gabrielツァーページ10(Oct. 9, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 9, 2013)
Peter Gabrielツァーページ9(Oct. 7, 2013)
Peter Gabrielツァーページ8(Oct. 5, 2013)
Peter Gabrielツァーページ7(Oct. 5, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 5, 2013)
Peter Gabrielツァーページ6(Oct. 2, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 2, 2013)
Peter Gabrielツァーページ5(Oct. 2 2013)
Peter Gabrielツァーページ4(Sep. 30, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep.30, 2013)
Peter Gabrielツァーページ3(Sep. 28, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 28, 2013)
Peter Gabrielツァーページ2(Sep. 25, 2013)
Peter Gabrielツァーページ1(Sep. 25, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 25, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 13, 2013)
Stick Menツァーページ2(Aug. 14, 2013)
Stick Menツァーページ1(Aug. 14, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 14, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 9, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 6, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 24, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 4, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演3更新(Jun.29, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演3(Jun.27, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演2(Jun.27, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演1(Jun.27, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jun.27, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Apr.4, 2013)
'13年春StickMen東海岸ツァーダイアリー2更新 (Mar. 31, 2013)
'13年春StickMen東海岸ツァーダイアリー2 (Mar. 30, 2013)
'13年春StickMen東海岸ツァーダイアリー1 (Mar. 30, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 30, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 26, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 17, 2013)
Crimson ProjeKct日本ツァーページ3(Mar. 17, 2013)
Crimson ProjeKct日本ツァーページ2(Mar. 17, 2013)
Crimson ProjeKct日本ツァーページ1(Mar. 16, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 14, 2013)
NAMM2013ページ2更新(Jan. 27, 2013)
NAMM2013ページ2(Jan. 27, 2013)
NAMM2013ページ1(Jan. 27, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 27, 2013)
L'Image at Iridium (Jan. 16, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 16, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 28, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー15(Nov. 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 23, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー14(Nov. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 20, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー13更新(Nov. 19, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー13(Nov. 17, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 17, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー12(Nov. 17, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー11更新(Nov. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 13, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー11(Nov. 13, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 11, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー10(Nov. 11, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー9更新(Nov. 11, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー9(Nov. 4, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー8更新(Nov. 4, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー目次(Nov. 3, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー8(Nov. 3, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 3 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー7(Oct. 31, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー6(Oct. 30, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー5(Oct. 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 28, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー4(Oct. 27, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 27, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー3(Oct. 25, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 25, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー2(Oct. 22, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー1(Oct. 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 20, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 17, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー26 (Oct. 16, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー25 (Oct. 16 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー24 (Oct. 16, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 16, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー23 (Oct. 11, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 11, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー22 (Oct. 10, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー21 (Oct. 8, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー20 (Oct. 8, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 8, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー19 (Oct. 7, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー18 (Oct. 4, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー17 (Oct. 2, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 4, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー16 (Oct. 2, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー15 (Oct. 1, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 1, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー目次ページ (Sep. 29, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー14 (Sep. 29, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー13 (Sep. 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 28, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー12 (Sep. 27 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー11 (Sep. 25, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 25, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー10 (Sep. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 23, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー9 (Sep. 21, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 21, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー8 (Sep. 20, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー7 (Sep. 18, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 18, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー6 (Sep. 17, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー5更新 (Sep. 17, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 17, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー5 (Sep. 16, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー4 (Sep. 13, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 13, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー3 (Sep. 7, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー2 (Sep. 6, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー1 (Sep. 6, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 5, 2012)
3 of a Perfect Pair Music Campページ2(Aug 28, 2012)
3 of a Perfect Pair Music Campページ1(Aug 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Aug 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Aug 18, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァー目次ページ (Aug 2, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ10 (Aug 2, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Aug 2, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 25, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 24, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ9 (July 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 22, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ8 (July 21, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 21, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ7更新 (July 19, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 19, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ7 (July 18, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 18, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6更新 (July 16, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6更新 (July 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 15, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6更新 (July 10, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6 (July 8, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ5 (July 8, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 8, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ4 (July 3, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 3, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ4 (July 1, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 1, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ3 (Jun. 27, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ2更新 (Jun. 27, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ2更新 (Jun. 26, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 26, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ2 (Jun. 24, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ1更新 (Jun. 24, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 24, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ1 (Jun. 21, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 21, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ4更新 (Jun. 9, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 9, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ4 (Jun. 7, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 7, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ3更新 (Jun. 6, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ3 (Jun. 5, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 5, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ2 (May. 31, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 31, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ1更新 (May. 29, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 29, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ1 (May. 27, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 27, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2更新 (May. 26, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 26, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2更新 (May. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 22, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2更新 (May. 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 21, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2 (May. 16, 2012)
Stick Men南米ツァーページ1 (May. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 14, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 3, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 19, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 18, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 7, 2012)
トニー・レヴィン・クラブ・インタビュー掲載 (Jan. 27, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 10, 2012)

以前のコンテンツはアーカイブでご覧になれます。


◆2012年10月27日のフランクフルト・ジャズフェスティバルでの公演のビデオが公開
ARTE web Liveで、Stick MenとTerry Bozzioが競演したビデオが公開されています。最初はテリーさんのソロ・インプロヴィゼーション、それからStickMenのセット、最後に競演となっています。このビデオ、最初の11分余りはお客さんが入ってくるところが続きます。
また、クリムゾン/プログレ関連では同じく同フェスティバルに出演したSoft Machine Legacy+Keith Tippettの映像も公開されていますよ。


◆電子書籍版 "Crimson Chronicles"iPhone用がリリース!
お待たせしました!新作の電子版Crimson Chronicles のiPhoneバージョンが今日からダウンロードできるようになりました。
iPhoneをお使いの方は、App Storeに今すぐ行ってゲットして下さい!




◆電子書籍版 "Crimson Chronicles"がリリース!
新作の電子版Crimson Chronicles のiPadバージョンが今日からダウンロードできるようになりました。

iPadをお使いの方は、App Storeに今すぐ行ってゲットして下さい!


◆Peter Gabriel の "BACK TO FRONT TOUR"公式ブートレグが発売

音響卓から直接録った音源をPeter Gabrielの音響スタッフBen Findlayがmixし、全16公演分セットでも個別でもCDとUSBメモリーの形で販売。現在予約受付中。予約期間は割引があります。


◆Peter Gabriel の So 25周年記念ツァー"BACK TO FRONT TOUR"遂に始動!
すでにリハーサルの様子を伝えるツァーダイアリーが始まっています。
詳しくはロード・ダイアリー日本語版からご覧下さい。



◆電子書籍版 "Crimson Chronicles"の制作資金調達キャンペーン実施中!

7月23日から、電子書籍版 "Crimson Chronicles"の制作資金調達キャンペーンが始まっています。このキャンペーンは、一昨日から始まった(この下の項目の)Deepの制作資金調達キャンペーンとは別のもので、利用しているサイトもKickStartという別の場所です。

この資金調達は、いくつかのレベルのオプションがあります。

1)$1以上
  このプロジェクトを成功させる手助けをすることで、あなた自身が満足感をえられるでしょう。

2)$5以上
  トニーさんのウェブサイトとTony Levin Facebook オフィシャルページにあなたの名前を載せ、感謝を捧げます。また、制作過程をビデオメールでお送りします。(注意していただきたいのは、この電子版写真集はiTunes appなので、現在のところiTunesを通してしか提供できません。現在それ以外の方法を模索中です)

3)$10以上
  2)に加えて、iPhone用オリジナル着信音(曲)がついてきます。

4)$15以上
  3)に加えて、あなたの名前がこの電子書籍の中のサンキューページに載ります。

5)$25以上
  4)に加えて、写真かあなたが持っている収集品をスキャンして送っていただければ、それを電子書籍に載せます。1981年から1985年の間のKing Crimsonのコンサート会場にいるあなた自身の写真とか、チケットやこの書籍に相応しい関連品などをスキャンしたもの等です。あなたの名前も貢献して下さった人としてクレジットされます。

6)$65以上
  5)に加えて、電子書籍が届くまでの間のどの渇きを癒す意味で、トニーさんのサイン入り紙版写真集をお届けします(合衆国とカナダ以外の方は送料分を含めて$95以上になります)

7)$1,000以上
  6)に加えて、あの有名な署名入りの"Robert Fripp in Italy"のプリントをお届けします。これは限定220部で既に売り切れたものですが、トニーさんがわずかに#5から#9まで手元に保存してあったものです(1から4までは、フリップ、ブリュー、ブルフォード、トニーさんが所有しています)お送りするプリントナンバーの決め方は、最も高値をつけた方から若い番号を、また、同額の場合は先着順になります。プロによる梱包で世界中どこにでも発送します。また、送料の負担はありませんが、税関での課税についてはご負担下さい。


Original Numbered Print "Robert Fripp - Milan 1982"

トニーさんのfacebookでは少しビデオでこのappのさわりを紹介しています。是非ご覧になってみて、この素敵なアプリの誕生をお手伝いしてみませんか
KickStartのサイトでこのキャンペーンに申し込みをすると、米国のAmazonを通して料金が課金される仕組みになっています。実際に課金されるのは9月20日頃になります。既に米国アマゾンのアカウントをお持ちの方は、手続きの中でご自分のアカウントでログインしてお進み下さい。まだお持ちでない方もその場でアカウントを作成できます。





◆Stick Menの新作"Deep"の制作資金調達キャンペーン実施中!



7月21日から、Stick Menの3人は新作"Deep"をリリースするための資金調達キャンペーンを、音楽制作の資金調達を支援するサイト、Pledge Music で始めました。
このページをご覧になればあらましは分かりますが、日本語で詳しくご説明いたします。
この資金調達は、様々なオプションが付いた製品を購入するpledge=約束をするという形で行われます。最低額は$10から、最高は$3,000までのオプションがあります。
まだリリースの確実な日にちは確定していませんが、この秋にリリースされれば下記のそれぞれのオプションで購入するというpledgeボタンを押すことになります。
それでは各オプションを説明します。

$10= 曲のダウンロード
$12= 24-bit/96kHz高音質版ダウンロード
$18= CD購入
$30= Stick Men "I Went Deep" Tシャツ(枚数限定)
$40= サイン入りCD(限定150枚)
$60= デラックスCD/DVD(5.1オーディオとヴィデオ)+digibook付き
$90= デラックスCD/DVD(5.1オーディオとヴィデオ)+digibook+Tシャツ(限定30名)
$100= 上記$90 + サイン入りポストカード(限定50名)
$140= 上記$90 + あなたの名前入りサイン入りポストカード(限定50名)
$200= Stick MenのこれまでリリースしたCDの4枚セット+DVD+digibool+Tシャツ+サイン入りポストカード(限定19名)
$250= 上記$140セット+ライナーノーツにあなたのお名前を記入(限定22名)
$600= 今後2年間のいずれかのライブにあなたを含めて4名分のチケット+上記$250セット(限定10名)
$1,000= 上記$600セットに公演後のバックステージパス付き(限定5名)
$1,200= 上記$600セットに会場への機材搬入から撤収まですべての時間をバンドと共に過ごせる権利(限定2名)
$3,000= $140セット+あなたをエクゼクティブプロデューサーとして讃え、ライナーノーツにあなたの名前をエクゼクティブプロデューサーとして記載します(限定4名)

さて、あなたはどれにしますか?数量限定ですので、お早めにどうぞ(^^)

資金調達と聞くと、なんだか抵抗があるかもしれませんが、まぁ予約購入と思って下さればよいですね。これからはこういう制作の仕方が広がって行くかもしれません。


◆Tonyさんが参加するPeter Gabrielツァー決定




2012年9月、Peter Gabrielがアルバム、SOのツァー25周年を記念して、カナダ、アメリカ合衆国を回る、Back to Frontツァーをオリジナルバンドメンバーを従えて行う事が決定。詳しくはロードダイアリー日本語版と、http://petergabriel.com/livedates/を参照して下さい。日本にも来て〜〜〜!!









◆Tony Levin Interview


We (Tony Levin Club of Japan) attended the California Guitar Trio + Tony Levin show at Billboard Live Osaka Jan. 24th 2012. Thankfully, as always, Tony accepted our interview after the show.(翻訳はすぐ下にあります)

Tony: First, let me say hello to the fans in Japan, and give a big thanks for, as always, caring about the music I am part of. It means a lot to me.

TLClub: The new CGT album contains "Ave Maria". How did it feel like playing cello for a classical work, which is something you have not done for a long time?

Tony: It was a big pleasure for me to even be asked to play on that piece. The Trio did not ask me specifically to play the cello, just to play the melody on the piece. But for me it was clear that the cello would be better than the bass, so I could change octaves on the repeat, and anyway it's a beautiful sounding instrument.
For bass players like me, it's not so easy changing to cello - though it might seem very similar to people not playing it. It's not just smaller, but the tuning (in 5ths) is different, and the "margin of error" to play in tune is smaller (we bassists have the easiest time with that with the big string length.) Also, for Classical, the vibrato is done a little differently, you would hardly hear a 'bass vibrato' if it wasn't adjusted.
I'm lucky to have a great cello, also made by NS - like the NS bass I play. I had played it live with Peter Gabriel, on "Signal to Noise" and recorded with it some on my Stick Man CD. But to play this piece well, I had to practice on it A LOT. I am guessing that I spent more time on that simple melody recording than on any track I've ever played - I was surprised at how many ways I could make it sound wrong! But it wasn't 'work' at all, I loved every minute of it. And I'm happy with the way it came out - could be better, of course, but the main goal I had was to do a decent version of the very well known melody, that wouldn't be an embarassment to me, and to have fun doing it. Now, the next challenge will be to play it live with the Trio. It turns out that, though I am ready to do that, they haven't practiced the piece (because, of course, they can't do it without someone playing the melody, and they usually tour alone - so we didn't try to do it on this trip to Japan. Sometime in the coming year, though, I am pretty sure we'll get the chance -- I expect that I will be nervous about it, but it will be a great challenge.


TLClub: Nowadays, it's not necessary for the musicians to get togather in a studio for a recording. Has this situation weakened or loosened the relationsips between them:?

Tony:I do a lot of recordings now from my home studio, without seeing the other musicians. The first years of doing that, I was missing the input from other players, and also, of course, the fun of being with them. But it has become the normal way to record, and most players are used to it now - so I would say it doesn't affect the music as much as it did in the early years of it. Your question, though, is about relationships, and it does make for a big change in that. If I don't know the players (for instance, I am asked to play bass on tracks of an Italian singer, which have been completed in Italy) the fact is, I will never meet them - I won't even know who played on the track. You can see that is far different than spending a week, or even a few days together, playing music, making jokes, eating dinner together, and getting the feel of the project and of the other players. Then you have a relationship with them, and maybe look forward to playing together again. That is all lost with 'file sharing' and it's too bad. My relationship with the many players I already know is fine - unchanged - but meeting new players and sharing a bond in experiencing new music -- that's lost, at least for the way recording is going now.

TLClub: If you can bring only one musical instrument to a desert island, what would you choose? Why?

Tony:Your imagination always makes me smile. Of course, an electric instrument won't work well in this desert place (I hope there is some decent food for me!) So there goes the Stick, basses, cello ... It's clear I must choose a piano (which I love playing anyway,) and to deal with it going out of tune in the island weather, I'll fashion one of those piano tuning tools out of seashells and coconuts!

TLClub: Last summer you've started "Three of a perfect pair camp". How did it's idea come about in the first place?

Tony: it was Adrians idea (Adrian Belew) I think he was asked about doing a music camp himself, and he thought, with Pat Mastelotto and me involved, it could almost be a King Crimson camp. I was reluctant to do it (I don't teach music, and am more comfortable just playing) but gradually I realized that specifically teaching is only a small part of what the camp could offer -- more than that it was a period of sharing our musical ideas and history, in a great setting. And the people who came, it turned out, were great folks, so it was not only good for me, it was very special, eating our meals all together in a big dining tent, having 'Crimson story' sessions, jam sessions (including a big one, where I undertook to conduct the whole 70 person group of campers and band, in a giant jam) open rehearsals, Stick player hours, and - particular fun for me - hearing the stories of the musical journey of some of the campers.
So it is one of those situations that sometimes happen where you stretch your boundaries by trying something you usually don't do, and you end up growing from it.


TLClub: Is there any band or musician(s) you listen to a lot lately? Or, any CDs, other than your own, that you recommend?

Tony: Lately, it's been a quiet time for me with new music. The group I was most interested, Sleepytime Gorilla Museum, has broken up - I'm interested to see what bands they will re-form into, especially Carla Keilstadt, who's solo cd's are great.
Mostly, I have been listening to jazz! I have a long range project underway, and I usually don't like talking about those until they are a reality, because plans change, and it's not fun to face years of people asking you what happened to your planned band or tour ... but I guess there's no reason for it to be secret, really.
I so enjoyed playing the cello on the CGT recording, that I re-strung it with tuning in 4ths, (so it wouldn't be so foreign to me) and started thinking about playing jazz on the cello - specifically in a small group with my brother Pete, who is a great jazz keyboardist. And I'd like to keep it to a single type of jazz - the music I grew up hearing in the '50's, which was relatively simple, with short songs, and very melodic. Well, this is a big challenge for me (another one!) since I don't play the cello real well, and I don't play jazz real well! So I've been practicing it in all my spare time, planning and hoping that in a year or so I will be able to play decently on live gigs with Pete, and then we'll aim at recording it after that. Hence (is that an okay word to understand? Maybe bettter is 'So...') So, I have been listening to records of groups like Chet Baker, and bassist Oscar Pettiford, to try to immerse myself a little in their talent, learn some lessons about phrasing, and see if I can apply those to the cello.
I trust that you, and the readers, will forgive me if it turns out that I never become good enough at jazz on the cello to actually fulfill that idea - but it is a wonderful thing about music that it can take you in different directions, and in my life I've found that it is always rewarding to follow that musical muse, no matter what the outcome.


TLClub: Thank you very much in this tough schedule!


2012年1月24日、CGTとの大阪公演終了後、Tony Levin Club of JAPANでは、トニーさんにインタビューをしました。
公演後でお疲れのところでしたが、いつものように快く答えて下さいました。


Tony: まずはじめに、日本のファンの皆さん、こんにちは!そして、いつも僕の関わる音楽に心を寄せて下さって、本当にありがとう。心から感謝しています。

TLClub: 今回、「アヴェマリア」を弾かれておられますが、久しぶりにクラシックをチェロで弾かれたご感想をお聞かせ下さい。

Tony: あの曲に参加を依頼された事自体、すごく嬉しいことでした。CGTは、メロディを弾いて欲しいというだけで、別にチェロでと指定はしませんでしたが、僕は明らかにベース(コントラバス)よりチェロが良い、そうすれば繰り返し部分でオクターブを変えられると思ったし、何にせよチェロは素晴らしい音色の楽器ですからね。
しかし僕のようなベース弾きにとって、チェロと持ち換えるっていうのは、実際に演奏したことの無い人からは同じような楽器に思えるでしょうが、実はそれほど簡単なことではありません。サイズが小さいだけでなく、チューニングも違う(チェロは5度)。そして音程に関して「誤差の猶予」がより少ないんです。(僕らベーシストは、弦長が長いおかげで、一番楽をしています。)さらに、クラシックを弾く時には、ビブラートのかけ方が少し違うので、チェロの奏法に合わせないと、ベース式のビブラートでは殆ど聞こえないことになってしまいます。
僕は幸運にも素晴らしいチェロを持っていまして、これは僕のNSベースと同じくNS社製です。Peter Gabrielの公演で「Signal to Noise」で使ったり、Stick ManのCDでも何曲かで使ってきましたが、今回この曲をちゃんと演奏するためには、思いっきり練習しなければなりませんでした。多分、あのシンプルなメロディーを弾くために、僕が今まで演奏したどのパートよりも練習したんじゃないでしょうか。いかに簡単におかしな演奏になってしまうか、自分でも驚かされますよ。でも一方で、全く「お仕事」ではなく、最後まで楽しんで取り組めました。そして結果にも満足しています。もちろんもっと上手く弾けたかもしれませんが、でも僕は、この非常に有名なメロディーを、自分でも恥ずかしくないようにきちんと弾ききる、そしてそれを楽しんでやる、ということを一番の目標においていましたから。
さて次のチャレンジはこの曲をCGTと一緒にライブで演奏することなんですが、僕自身は準備出来ているんですが、彼らが練習出来ずにいる(誰かメロディーを弾く人間が居ないと出来ないし、彼らは普段自分たち三人だけでツアーしてるんだから当然ですが。)ので、今回の日本公演では試してみませんでした。でも今年中にはきっと機会があるでしょう。多分、演奏するについては不安も感じるでしょうが、良いチャレンジになることでしょう。

TLClub: 最近では、ミュージシャンが集まらなくても録音が出来てしまいますが、ミュージシャン同士の繋がりが薄まったりすることはないのでしょうか?

Tony: 今は、自分のホームスタジオで、他のミュージシャンの顔も見ずに録音作業をすることがしばしばです。そういうやり方を始めた最初の数年は、他のミュージシャンからの意見や刺激が無いことや、当然、色んな楽しみが無いことが物足りませんでした。しかしこの方法が常識となり、殆どの演奏者がそれに慣れてしまった今、以前ほどは音楽に影響しなくなったと言えると思います。
でもこの質問は、演奏者同士の繋がりについてであって、その意味では実際、大きな変化をもたらしています。僕が他の演奏者と面識が無い場合(例えば、イタリア人の歌手がイタリアで行った録音にベースを加えるよう求められるとか)実際には彼らと一切会うことも無く、誰が参加しているのかも知ることはありません。これは、たとえ一週間、或いは数日でも一緒に時を過ごして、音楽を演奏し、冗談を言い合い、夕食を共にしたりして、プロジェクトの雰囲気やお互いの感じを掴んでいくのとは、まったく別物だということは明らかでしょう。繋がりというのは本来こうして生まれるもので、将来また一緒にやりたいという気持ちにもなるのです。「ファイル・シェアリング」ではこういう全てが失われてしまうのが残念です。今のこの録音のやり方によって、大勢の旧知のミュージシャン達との良い繋がりが変わってしまうことはありません。けれども初めての演奏者と知り合ったり、新しい音楽を通じて繋がりを感じたりということは無くなってしまいました。

TLClub: もしも、無人島に楽器をひとつだけ持って行けるとしたら、何を持って行かれますか?

Tony: 君の想像力には何時も思わず微笑んでしまいます。もちろん無人島では、電気系の楽器は使えないですよね。(まともな食料はあって欲しいと思いますが !)と言うわけでStickもベースもチェロもだめとなると、はっきり言ってピアノしかありません。(もともとピアノを弾くのは大好き。)そして島の気候で調律が狂う事に対処するため、貝殻と椰子の実で調律器具を拵えることにしましょう!

TLClub: 去年から始まった「Three of a perfect pair」campは、最初どのようなきっかけでやることになったのでしょうか?

Tony: これはエイドリアン(Adrian Belew)のアイデアだったんです。確か、彼にミュージック・キャンプをやらないかという提案をした人があって、それだったらPat Mastelottoと僕を巻き込めば、ほぼKing Crimsonキャンプになるぞと思いついたという事。僕は最初乗り気じゃなかったんです(僕は音楽教師じゃなくて、ひたすら演奏してるほうが気楽だから。)が、教えるという部分はこのキャンプのごく一部に過ぎず、何よりメインは僕らの音楽性や体験を、素晴らしい環境の中で、みんなと分かち合う事なんだと思いはじめたんです。そして結果的に、参加してくれた人達は素敵な人ばっかりで、僕にとっては、単にやって良かったという程度ではなくて、大きな食堂テントでみんなで食事をしたり、クリムゾン話で盛り上がったり、ジャムセッション(参加者やバンドメンバー合わせて70人全員での巨大なジャムで、僕が指揮者役をやったこともありました。)、公開リハーサル、スティック奏者の時間とか、あと僕が特に楽しかったのは参加者の何人かが自分の音楽遍歴を話してくれたことであったりとか、全くもって他に例えようのない体験になりました。 いわば、普段自分がしないような事に挑戦することによって、自分の殻を破って、成長することが出来るという一例ですね。

TLClub: 最近よく聴くバンドはありますか?またはご自分の作品以外でお薦めのCDはありますか。

Tony: 最近、新しい音楽については全く聞いていない状態です。一番興味のあったグループ、Sleepytime Gorilla Museumは解散してしまって、どんなバンドに再編成して出てくるのか、特に素晴らしいソロCDを出しているCarila Keilstatがどうなるか、気にして待っています。
今聞いているのは、殆どジャズばかり!実は長期プロジェクトが一つ進行中なんです。どんな計画でもいつ変更されるか分からないし、何年何年もファンから、あのバンドの案はどうなったとか、あのツアー計画はどうなったとか聞かれ続けるのは楽しい事じゃないから、本当に実現するまであまり話をしないようにしているんですが、別に隠さなきゃならない理由も無いので・・・。
CGTとの録音でチェロを弾いたのがあまりにも楽しかったので、(僕にとってちょっとでも違和感のないように)改めて4度のチューニングで弦を張り直して、このチェロでジャズを弾く、具体的には素晴らしい鍵盤奏者である兄のPeteを入れた小さなグループで、ということを考え始めています。さらに僕はある特定の種類のジャズ、50年代にそれを聞いて育った、比較的シンプルで短い、とてもメロディックな音楽に拘りたいと思っています。まあこれは僕にとって(またもや)大きな挑戦です。というのは、僕はチェロが上手くないし、ジャズだって上手くないからです。そんなわけでいつも暇があると練習したり、計画を練ったりして、一年かそこらあればある程度は弾けるようになって、Peteと共にライブでやり、その後レコーディングを目指せないかと思っています。さすれば(こんな言葉分かる?「そこで」のほうが良いかな。)そこで、この頃はChet Bakerとか、ベーシストのOscar Pettifordとかのグループのレコードを聴いて、彼らの才能に浸り、フレージングから何かを学び取って、僕のチェロ演奏に応用出来ないかと思っています。
もしも僕が、結局ジャズが弾けるほどチェロの腕前が上がらず、この夢が実現しなかったとしても、君や読者の人は許してくれるだろうと信じています。そして音楽の素晴らしい点は、そこからまた新たな方向性が開かれるということであって、今までの人生でも、結果がどうあれ音楽の夢を追求することは実りあることだと、僕は学んできたのです。
TLClub: お疲れのところ、本当にありがとうございました。

というわけで、本当にお疲れのところ、いつものことですがとても誠実に答えて下さいました。お会いするたびにトニーさんの人柄には実に感嘆するばかりです。









Tony Levin Club of JAPANがツィッターを始めました!
http://twitter.com/TL_Clubを是非フォローしてみて下さい。



Google
↑Tony Levin Club of JAPAN サイト内検索

Tony Levin Club FAQ:

Q)Beyond the Bass Clefの日本語版は出版されるのですか?
A)単行本で出版される予定は今のところないようです。しかし、リットーミュージック社から出版されているベース・マガジンに毎月連載の形で翻訳が掲載されていました。(現在連載終了)それらがまとめて出版されるかどうかは分かりませんが、多分……されないのでは?

Q)Funk Fingerが欲しくて、パパベアのサイトを調べても売っていないのですが・・・
A)残念ながら今はもう販売を停止しています。以前とは違う形で販売するかもしれない、とはトニーさんは言っていましたが、現在見通しは全く立っていません。
以前販売していたものの写真やサイズをFunk Finger全解剖ページに掲載しました。何人かの方がこれを参考に作っておられます。






Tony Levin Club of JAPAN site : since May 28 1996

ご意見、ご質問は、iwwkアトマークpo.incl.ne.jp(スパム対策で全角で書いてあります。すみません)までどうぞ。

お願い:当ページはリンクフリーです。ただ、リンクはトップページ(http://www.ient.or.jp/tlclub/)へ、お願いいたします。
著作権について:このサイトに掲載されている、引用であるとお断りした部分以外のすべての文章と CD、レコードジャケット写真以外のすべての画像は、トニー・レビン・クラブ・オブ・ジャパンが著作権を 保持しています。すべてのコンテンツの引用・無断掲載はお断りいたします。
また特に、ロード・ダイアリーや関連ページなど、彼のオリジナルサイトを翻訳したコンテンツは トニー・レビン氏に著作権があります。
DGMサイトにある、California Guitar TrioのPaul Richards氏による日記の翻訳とその掲載については、 Paul Richards氏から許諾を得ています。この文章の著作権はPaul Richards氏、およびトニー・レビン・クラブ・オブ・ジャパンが 保持しています。また、該当ページのすべての画像は、DGMの許諾なしに二次使用は認められておりません。 無断での引用・掲載を堅くお断りいたします。
また、このサイトにある雑誌の引用部分は、該当出版社に既に使用許可を頂いております。 引用を快く認めてくださった方々に深く感謝します。