TLC-logo_orange.jpg

低音奏者、Tony Levinさんのファンサイトです



TONY LEVIN'S WEBSITE日本語訳はこちら

現在進行中のKing Crimson ツァーダイアリー日本語版はこちら

更新日時:2014年10月1日水曜日 更新履歴

Road Diary 日本語版更新 (Oct. 1, 2014)
King Crimsonツァーページ16 (Sep. 28 2014)
トップページにTony Levin インタビュー掲載 (Sep. 26 2014)
King Crimsonツァーページ15 (Sep. 26 2014)
トップページにiTunes Store情報掲載 (Sep. 25 2014)
トップページにTony Levin インタビュー掲載 (Sep. 23 2014)
King Crimsonツァーページ14 (Sep. 21 2014)
King Crimsonツァーページ13 (Sep. 21 2014)
King Crimsonツァーページ12 (Sep. 19 2014)
King Crimsonツァーページ11更新 (Sep. 19, 2014)
King Crimsonツァーページ11 (Sep. 14, 2014)
King Crimsonツァーページ10更新 (Sep. 14, 2014)
King Crimsonツァーページ10 (Sep. 11, 2014)
King Crimsonツァーページ9 (Sep. 11, 2014)
King Crimsonツァーページ8 (Sep. 7, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 5, 2014)
King Crimsonツァーページ7(Jun. 31, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 13, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー15(Aug. 7, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 7, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー14(Aug. 5, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー13(Aug. 3, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 1, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー12(Aug. 1, 2014)
King Crimsonツァーダイアリー目次更新(Jun. 31, 2014)
King Crimsonツァーページ6(Jun. 31, 2014)
King Crimsonツァーダイアリー目次更新(Jun. 29, 2014)
King Crimsonツァーページ5(Jun. 29, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 29, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー11(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー10(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー9(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー8(Jul. 23, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー7(Jul. 17, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー6(Jul. 14, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー5更新(Jul. 14, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー目次(Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー5(Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー4(Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー3(Jul. 8, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 8, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー2(Jul. 1, 2014)
Crimson ProjeKCtツァーダイアリー1(Jun. 25, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 22, 2014)
King Crimsonツァーダイアリー目次(Jun. 15, 2014)
King Crimsonツァーページ4(Jun. 15, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 15, 2014)
King Crimsonツァーページ3(Jun. 12, 2014)
King Crimsonツァーページ2(Jun. 8, 2014)
King Crimsonツァーページ1更新(Jun. 7, 2014)
King Crimsonツァーページ1更新(Jun. 4, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 4, 2014)
King Crimsonツァーページ1(Jun. 3, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 30, 2014)
Peter Gabrielツァーページ15更新(May.27, 2014)
Peter Gabrielツァーページ15(May.26, 2014)
Peter Gabrielツァーページ14(May.25, 2014)
Peter Gabrielツァーページ13(May.24, 2014)
Peter Gabrielツァーページ12(May.23, 2014)
Peter Gabrielツァーページ11(May.20, 2014)
Peter Gabrielツァーページ10(May20, 2014)
Peter Gabrielツァーページ9(May.20, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 20, 2014)
Peter Gabrielツァーページ8(May.14, 2014)
Peter Gabrielツァーページ7(May.11, 2014)
Peter Gabrielツァーページ6更新(May.11, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 11, 2014)
Peter Gabrielツァーページ6(May.8, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 8, 2014)
Peter Gabrielツァーindex(May. 6, 2014)
Peter Gabrielツァーページ5(May. 5, 2014)
Peter Gabrielツァーページ4(May. 4, 2014)
Peter Gabrielツァーページ3(May. 3, 2014)
Peter Gabrielツァーページ2(May. 3, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (May. 3, 2014)
Peter Gabrielツァーページ1(Apr. 29, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 29, 2014)
プログレッシブロッククルーズ3(Apr. 19, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 17, 2014)
プログレッシブロッククルーズ2(Apr. 12, 2014)
プログレッシブロッククルーズ1(Apr. 12, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 12, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 7, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ17(Apr. 5, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ16更新(Apr. 4, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ16(Apr. 3, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ15更新(Apr. 3, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ15(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ14(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ13(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァー目次ページ更新(Apr. 2, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ12(Mar. 29, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ11(Mar. 27, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ10(Mar. 23, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ9(Mar. 22, 2014)
Crimson projeKCtツァー目次ページ(Mar. 21, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ8(Mar. 21, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 21, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ7追加更新(Mar. 19, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 19, 2014)
<Crimson projeKCtツァーページ7追加更新(Mar. 18, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ7(Mar. 17, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ6(Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ5(Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ4(Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ3(Mar. 16, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 16, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ2(Mar. 9, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 9, 2014)
Crimson projeKCtツァーページ1(Mar. 4, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 24, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 26, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 15, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 8, 2014)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 19, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 9, 2013)
Peter Gabrielツァーページ24(Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ23(Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ22(Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ21(Nov. 4, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 4, 2013)
Peter Gabrielツァーページ20(Oct. 25, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 25, 2013)
Peter Gabrielツァーページ19(Oct. 24, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 24, 2013)
Peter Gabrielツァーページ18(Oct. 21, 2013)
Peter Gabrielツァーページ17(Oct. 21, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 21, 2013)
Peter Gabrielツァーページ16(Oct. 19, 2013)
Peter Gabrielツァーページ15(Oct. 18, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 18, 2013)
Peter Gabrielツァーページ14(Oct. 14, 2013)
Peter Gabrielツァー目次ページ作成(Oct. 14, 2013)
Peter Gabrielツァーページ13(Oct. 14, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 14, 2013)
Peter Gabrielツァーページ12(Oct. 12, 2013)
Peter Gabrielツァーページ11(Oct. 11, 2013)
Peter Gabrielツァーページ10(Oct. 9, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 9, 2013)
Peter Gabrielツァーページ9(Oct. 7, 2013)
Peter Gabrielツァーページ8(Oct. 5, 2013)
Peter Gabrielツァーページ7(Oct. 5, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 5, 2013)
Peter Gabrielツァーページ6(Oct. 2, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 2, 2013)
Peter Gabrielツァーページ5(Oct. 2 2013)
Peter Gabrielツァーページ4 (Sep. 30, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep.30, 2013)
Peter Gabrielツァーページ3 (Sep. 28, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 28, 2013)
Peter Gabrielツァーページ2 (Sep. 25, 2013)
Peter Gabrielツァーページ1 (Sep. 25, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 25, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 13, 2013)
Stick Menツァーページ2(Aug. 14, 2013)
Stick Menツァーページ1(Aug. 14, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 14, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 9, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Aug. 6, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 24, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jul. 4, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演3更新(Jun.29, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演3(Jun.27, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演2(Jun.27, 2013)
Buddy Rich同窓会バンド公演1(Jun.27, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jun.27, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Apr.4, 2013)
'13年春StickMen東海岸ツァーダイアリー2更新 (Mar. 31, 2013)
'13年春StickMen東海岸ツァーダイアリー2 (Mar. 30, 2013)
'13年春StickMen東海岸ツァーダイアリー1 (Mar. 30, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 30, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 26, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 17, 2013)
Crimson ProjeKct日本ツァーページ3(Mar. 17, 2013)
Crimson ProjeKct日本ツァーページ2(Mar. 17, 2013)
Crimson ProjeKct日本ツァーページ1(Mar. 16, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 14, 2013)
NAMM2013ページ2更新(Jan. 27, 2013)
NAMM2013ページ2(Jan. 27, 2013)
NAMM2013ページ1(Jan. 27, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 27, 2013)
L'Image at Iridium (Jan. 16, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 16, 2013)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 28, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー15(Nov. 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 23, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー14(Nov. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 20, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー13更新(Nov. 19, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー13(Nov. 17, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 17, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー12(Nov. 17, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー11更新(Nov. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 13, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー11(Nov. 13, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 11, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー10(Nov. 11, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー9更新(Nov. 11, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー9(Nov. 4, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー8更新(Nov. 4, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー目次(Nov. 3, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー8(Nov. 3, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Nov. 3 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー7(Oct. 31, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー6(Oct. 30, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー5(Oct. 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 28, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー4(Oct. 27, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 27, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー3(Oct. 25, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 25, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー2(Oct. 22, 2012)
Stick Men欧州ツァーダイアリー1(Oct. 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 20, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 17, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー26 (Oct. 16, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー25 (Oct. 16 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー24 (Oct. 16, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 16, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー23 (Oct. 11, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 11, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー22 (Oct. 10, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー21 (Oct. 8, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー20 (Oct. 8, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 8, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー19 (Oct. 7, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー18 (Oct. 4, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー17 (Oct. 2, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 4, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー16 (Oct. 2, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー15 (Oct. 1, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Oct. 1, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー目次ページ (Sep. 29, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー14 (Sep. 29, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー13 (Sep. 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 28, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー12 (Sep. 27 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー11 (Sep. 25, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 25, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー10 (Sep. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 23, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー9 (Sep. 21, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 21, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー8 (Sep. 20, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー7 (Sep. 18, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 18, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー6 (Sep. 17, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー5更新 (Sep. 17, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 17, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー5 (Sep. 16, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー4 (Sep. 13, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 13, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー3 (Sep. 7, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー2 (Sep. 6, 2012)
Peter Gabrielツァーダイアリー1 (Sep. 6, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Sep. 5, 2012)
3 of a Perfect Pair Music Campページ2(Aug 28, 2012)
3 of a Perfect Pair Music Campページ1(Aug 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Aug 28, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Aug 18, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァー目次ページ (Aug 2, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ10 (Aug 2, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Aug 2, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 25, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 24, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ9 (July 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 22, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ8 (July 21, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 21, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ7更新 (July 19, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 19, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ7 (July 18, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 18, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6更新 (July 16, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6更新 (July 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 15, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6更新 (July 10, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ6 (July 8, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ5 (July 8, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 8, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ4 (July 3, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 3, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ4 (July 1, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (July 1, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ3 (Jun. 27, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ2更新 (Jun. 27, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ2更新 (Jun. 26, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 26, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ2 (Jun. 24, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ1更新 (Jun. 24, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 24, 2012)
Crimson ProjeKct合衆国ツァーページ1 (Jun. 21, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 21, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ4更新 (Jun. 9, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 9, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ4 (Jun. 7, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 7, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ3更新 (Jun. 6, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ3 (Jun. 5, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jun. 5, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ2 (May. 31, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 31, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ1更新 (May. 29, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 29, 2012)
Stick Menロシア/英国ツァーページ1 (May. 27, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 27, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2更新 (May. 26, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 26, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2更新 (May. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 23, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 22, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2更新 (May. 22, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 21, 2012)
Stick Men南米ツァーページ2 (May. 16, 2012)
Stick Men南米ツァーページ1 (May. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (May. 14, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 15, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Apr. 3, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Mar. 19, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 18, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Feb. 7, 2012)
トニー・レヴィン・クラブ・インタビュー掲載 (Jan. 27, 2012)
Road Diary 日本語版更新 (Jan. 10, 2012)

以前のコンテンツはアーカイブでご覧になれます。



◆Levin Brothersインタビュー(2)

ジャズ音楽情報サイト、Jazz Timesに掲載されたトニーさんのインタビューを当クラブ翻訳監督の深谷さんが訳して下さいました。
以下、翻訳を是非お読み下さい。(Sep. 26, 2014)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
Jazz Times (http://jazztimes.com/community/articles/138719-the-tony-levin-interview) 2014年9月5日の記事より

Travis: トニー、キング・クリムゾン「エレメンツ・ツアー」のリハーサルで大変忙しい中、私の質問に答える時間をとってくれて、ありがとう!今日は熱烈ファンとしてではなく、出来るだけ熟練音楽ジャーナリストらしい質問になるよう努力するので、どうか我慢して下さい。

Q: 貴方はこれまで、Carly SimonやPaul SimonからBurt SommerやAndy Summers、そしてPeter Gabrielからきっと大天使ガブリエルまで、思いつく限りの人々と共演しレコーディングをしてきました。JohnとYokoのDouble FantasyやMilk & Honeyへ参加するキッカケはある電話からだったそうですが、初めてLennonと交わした有名な挨拶の話をもう一度聞かせてもらえませんか。

TL: 実は僕も、どうしてJohnとYokoのアルバムの演奏メンバーに選ばれたのかは、今もって訊いたことがないんでけど・・・Johnがラジオのインタビューで語ったところによると、彼が本当に使いたかったベーシストは、多忙で参加できなかったんです。で、最初にスタジオで挨拶した時に彼が言ったのは、「君はいいプレーヤだって聞いてるけど、とにかくあんまり弾きまくらないように。」でした。それで僕は「大丈夫だよ」って答えて、笑顔を返したんです。彼が僕のことを凄腕テクニシャンだと思い込んでるけど、すぐに、そうじゃなくて僕は実に「ベーシックな」ベーシストだって気付くだろうと思ったからね。

Q: 今回Brothersのアルバムでは、貴方とピートの作曲した曲の中に、一曲だけKing CrimsonのDisciplineアルバム収録のMatte Kudasaiが入ってますが、King Crimsonで貴方が演奏した沢山の曲の中から、なぜあの曲がBrothers用に選ばれたんでしょうか。勿論僕だって、Thela Hun Ginjeetが選ばれなかったのは納得できますけど、どうしてMatte Kudasaiだったのでしょう。

TL: 最初に考えたのは、アルバムを聴いてくれる人に、せめて一曲でも知っている曲を入れたい、ということです。もちろん僕らの新曲もすぐに耳に馴染む曲なんだけどね。特にKing Crimsonのファンには、多分ジャズのアルバムを初めて聴くような人もいるだろうから。もちろんあの曲自体が素晴らしい曲で、それは僕らのボーカル抜きのアレンジを聞いて貰えばよくわかると思います。オリジナルと違うスタイルにアレンジしてもちゃんと聴くに耐えるっていう曲は少ないんですよ。まあ簡単にいえば、あの曲のメロディーの良さ、それが今回のアルバムで目指したものに合ってたってことですね。

Q: ちょっとかでKing Crimsonの話題になりますが、今ちょうど「エレメンツ」ツアーと銘打って、8代目ですよ、8代目のKing Crimsonが、なんと3人のドラマーを従えて活動を再開しようとしています。以前からクリムゾンには、ドラマーが二人というラインアップもありましたが、貴方にとって4人でのリズムセクションというのはどんな感じですか。

TL: ドラマー3人というのは、ご想像の通り、すごくワイルドですね。ただびっくりしたのは、彼ら3人が単に叩きまくるというのとは全然違う、非常に面白いドラミングのアプローチを生み出すという偉業を成し遂げたことですよ。音が固まってないのが、大したもんです。例えばフィルでも、音がステージを横切って行く感じのがあるし(今回スタージ前方にドラマーが3人並び、残りの僕らはその後ろに位置します)。ですからベーシストの僕としては、まだまだリズム的には僕が入る隙間が残っててホッとしています。それにお客さんにとっても、ドラマーたちを眼と耳の両方で楽しめるっていうのが、今回の公演の一つの大きな魅力だと思います。

Q: ドラマーの話題をもう少し。貴方は今までBill Bruford、Terry Bozzio、Alan White、Gavin Harrison、Pat Mastelottoといった、プログレッシブ・ロックの殿堂級のドラマーと共演してきました。その中で、もし選ぶとすれば誰が一番貴方にとって冒険的で刺激的なドラマーでしたか。そしてその理由は?

TL: いま名前が上がった人も含めて、沢山の偉大なドラマーと共演できたことは、本当に幸運だったと思います。ただ僕は比較はしないんです。(音楽的要素も含めてね。)どんな音楽家にも、似てる点もあれば違う点もある。音楽を作る喜びは、素晴らしいプレーヤーと一緒に居るほど、味わう確率は高くなるから、ベーシストとしては、偉大なドラマーと一緒にグルーブしたり、学んだりするのは本当に特別なことですね。

Q: さっきも言いましたが、Brotherアルバムは16曲中15曲が貴方かピートの作曲した曲です。貴方が、自分の作曲スタイルは、他の何物にも似ていない方向を目指すんだ、と語ったのを聞いたことがありますが、貴方のスタイルとピートのスタイルの組み合わせは上手く行きましたか?

TL: 最初からこのアルバムでは、僕らが小さい頃に大好きだったクール・ジャズのアルバムに敬意を捧げ、そういうサウンドの作品にしようということは決まってたんです。具体的にはベーシスト・チェリストのOscar Pettifordとフレンチホルン奏者のJulius Watkinsの作品です。(フレンチホルンはピートが最初に演奏した楽器です。)あれから50年位経ったというのに、まだまだ曲やソロをちゃんと覚えてるのには驚きました。それで、僕らがやりたいのは、正にこういう風に、聴いた人自身の「内なる音楽」として何時迄も残るような作品を作ることだって感じたんですよ。それが出来るかどうかは別の話として、やってみる価値があるのは間違いない。それで今回の僕らの作品は、とてもメロディアスな、標準的な形式の曲であって、それぞれのソロ部分も実に短く、自分で最高と思うアイデアを演奏し終えたら、すぐに別の奏者に場所を譲ることにしました。その結果、どの曲も3分内外に収まって、アルバムに何時もより沢山の、いろんなスタイルの曲が収録できたし、更に嬉しいことに、LP盤を作って11曲収録することも出来ました。これは僕が普段演っているようなプログレ大作ではとても無理ですよね。

Q: Brothersアルバムのゲスト奏者を挙げて下さい。当然、Steve Gaddが入ってるのは隠しようが無いですが。

TL: 幸運にもサックス奏者のErik Lawrenceが入ってくれました。彼とドラマーのJeff Siegelは何度もピートと共演していて、このジェフとピートと僕とはスタジオに入る前に、ウォームアップとして何度かライブもやりました。 ギタリストのDavid Spinozza は膨大な数のジャズ作品で演奏してます。(僕と共演したグループL'Imageも含めて。)ピートがオルガンを弾く曲に彼のギターが要ると思いました。Steve Gaddは僕と同窓生で、僕をジャズに導いたのは殆ど彼の仕業です。だから彼をBassicsというベースとドラムをフィーチャーした曲に参加させたのは、実に自然な成り行きでした。今まで何年も、実に多くのアルバムやツアーで一緒に演奏してきた、その音楽的な繋がりが聴けると思いますよ。

Q: キーボードとベースで交代にメロディを弾いて、全体としてメロディ主体のアルバムになっていますが、この選択はどういうふうに決めました?

TL: 元々のアイデアとしては、僕がチェロでメロディを弾いて、時々ピートのオルガンが代わるって風に考えてたんですが、曲が仕上がるに連れて、曲によってはピアノのほうがずっと合うし、別の曲では僕はベースに集中したかったので、サックスの甘くウォームなサウンドでメロディを入れるのがベストだと思ったんですが、エリックは正にピッタリのプレーヤーでした。それから確かにベースがメロディを弾く曲も2曲ばかりあるけど、それはちょっと変化を付けてみたかったからです。

Q: Mysteriosoという曲は、Edward G. RobinsonかHumphrey Bogartの出てる様な、フィルムノアールのサンドラ風に感じました。あの曲や、クールなサックス部分は、何処からの発想でしょう。

TL: あれはピートの曲ですが、確かにサックスは独特ですよね。あのざらついた、ソウルフルなサウンドがああいう曲には必要なんですが、エリックの演奏は最高でした。彼と一緒にツアーに出るのが待ちきれませんよ。

Q: Not So Square Danceには懐かしい音楽の色んなパーツが入ってますね。どんな風に出来上がっていったんでしょうか。間違ってるかもしれませんが、Mama’s Little Baby (Loves Shortenin’Bread)が元になった部分とか、Shave and a Haircutなんかは絶対混ざっていると思いますが。

TL: そう、ちょっとした音楽的ジョークが入ってます。これもピートの作品で、彼のユーモアのセンスが色々と現れてますよね。作曲自体は実にシンプルで、彼の書いた通りそのままに録音したものです。他の曲には幾つか、もっと作り込まれた物もあって、特に僕が主導した曲では、僕のメロディーに対して、ピートが適当だと思うコードに書き直してもらったのもあります。

Q: 実に素晴らしいのはHavana!って曲ですが、ヴォーカルは誰ですか?貴方?ちょっとKing Crimson Barbershop Quartetに似た感じですね。

TL: はは!まあ、ベーシストが弓でベースを弾きながら歌うのは昔からの伝統でね。ちょっとしたSlam Stuartへのご挨拶だね。演ってて楽しかったし、当日はちょっと風邪気味だったお陰で、低い「ラ」の音まで出せたんだ。(あるいは、それに近い音かな)

Q: I Got Your Bachという曲は、バッハのチェロ組曲第1番ト長調のクールバージョンですが、バッハも最高にノリノリに演れることの証明になっていますね。この曲について何かコメントありますか?嘘じゃなく、これを聞いたときは泣けてきたんですよ(もちろん嬉し涙ですよ)

TL: 多分、僕が本来はベーシストで、チェロに関してはやり始めたばかりなので、どうしてもチェロの練習中にこの名曲をいじり回したくなっちゃったんですよね。そして一旦ジャズっぽくやっちゃうと、これに合わせたメロディーは簡単に出てきました。アルバムに入れるのは確かに躊躇しました(他にも色々録音してたから)。僕の中で、本物のチェリストなら恐れ多くてやらないだろうなという思いもあったんですが、でもまあ、僕はベーシストが道楽でチェロを弾いてるだけですから、バッハで遊んだって許されますよね。

Q: しかし貴方のチェロで心打つ曲が何曲も入っています。When Sasha Gets the Bluesは特に感動的ですが、このタイトルはどこから?僕はSasha Abramskyの著書Hard Times Bluesを思い浮かべたんですが、全然外れてますか?

TL: 元々ロシア人の友人を思って書いたんですが、でもどんな曲でもそうですが、タイトルや歌詞っていうのは、リスナー自身の思い込みがあってこそ一番意味を持つんですよ。

Q: お付き合い頂いて本当にありがとう。最後に、今後もお二人共作のストレートなジャズアルバムの続編は期待できそうですか?貴方は疑いなくプログレというジャンルでは巨匠ですが、今回、刺激的で記憶に残る、感動的でさえあるジャズ作品を仕上げました。ぜひ続編を期待してますよ!

TL: 来年には二人で、グループとともにツアーをします。多分、(僕の大好きな)ジャズクラブを回るツアーになりますが、まだ断言するには早いですね。勿論僕のStick MenやKing Crimson、そしてもし幸運ならPeter Gabrielとのレコーディングやツアーもあるでしょう。

Travis: 時間を頂いて、本当に感謝します。それから貴方の素晴らしい演奏とレコーディングにも。9月23日、マジソンでのクリムゾン公演、楽しみにしてます!

TL: そりゃいいね!君のこと、探すよ。ありがとう!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
深谷さん、いつもいつもありがとうございます。



◆Levin BrothersのアルバムをiTunes Storeで!


Levin Brothersのニューアルバムが、iTunes Storeでも買えるようになりました。
購入はこちらから是非どうぞ!
(update: Sep. 25, 2014)

◆Levin Brothersインタビュー

インディ音楽サイト、Echos and Dustに掲載されたLevin Brothersのインタビューを当クラブ翻訳監督の深谷さんが訳して下さいました。
このインタビューを当クラブサイトに掲載することをEchos and Dustさんは快く承諾して下さいました。深く感謝いたします。

以下、翻訳を是非お読み下さい。(Sep. 21, 2014)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
インディ音楽サイトEchos and Dust(http://echoesanddust.com)より

ベーシストTony Levin (King Crimson, Peter Gabriel, Liquid Tension Experiment) と彼の兄でピアニスト・オルガン奏者のPete Levin (Miles Davis, Gil Evans, Jaco Pastorius) がThe Levin Brothersとしての初作品「The Levin Brothers」( David Spinozza 、 Erik Lawrence、Steve Gadd、Jeff Siegel等が参加)を9月9日に発表する。

質問: The Levin Brothersのサウンドは、長い間醸成されてきたように感じますが、共同で作品を作る話は何時頃から始まったんでしょうか?

Pete Levin: 計画というよりは、自然な成り行きでしたね。僕らは二人共、毎日何らかの音楽製作にどっぷり浸かっていて、今回のはちょっとした、気楽な演奏から始まったんです。そのうちに、「おい、これってバンドでやるとか、録音するとか出来るんじゃない」って気付いたんです。

Tony Levin: う〜ん、醸成って言葉が当てはまるなら、確かに相当寝かせてきましたよ。50年前にこの共演を考えることもありえたんだから。まあ、実際には4年ぐらい前に思い付いたんですが、その頃僕がエレクトリック・チェロの演奏に十分慣れてきて(基本はベース弾きですが)、「おお、ピートがオルガンで僕がチェロを弾けば、それぞれ独特な音色でジャズの曲ができる」って思ったんです。例えば子供の頃によく聴いていたJulius Watkinsがフレンチホルン(ピートが当時やってた楽器)で、Oscar Pettifordがチェロとベースを引いている音楽とかね。
それで空いた時間にチェロの練習に励んで、二人で演る為の曲、具体的には今言ったようなスタイルの、短くてメロディアスな曲で、ソロも短いというものを書き始めたんです。すぐにピートの方も作曲するようになり、二人でそれらを試してみて、適当なテンポを探したり、アルバムとしてはどの方向に行くべきかを調整したりしたんです。

質問: 兄弟での作曲というのはどうでしたか?自分の演奏に別のテイストが加わる感じでしょうか?

Tony: 作曲も演奏も、長時間一緒に居るのも、音楽上の決定を下すのも、このコンビなら実にイージーです。しかもそれぞれの音楽については、誰と一緒にやるときでもそうありたいですが、お互いにリスペクトしあってるから、別に自分の書いたコードとか曲の進行に相手が手を入れたって、まったくOKでした。

Pete: しかも、お互い共通の経験があって同じ音楽教育を受けてるから、音楽に集中すると、ほぼ自動的に、二人の考えがシンクロするっていうのも大きかったですね。それに音楽以外のことでもお互い良く分かってますからね。だから一緒に作品を作るのは実にスムーズでした。僕は思ったんです。僕はトニーのことなら生まれた時から知ってる。他にはそんな人間居ないもんなって。

質問: アルバムの豪華な演者の面々はどうやって決めました?

Pete: 最初はとにかく都合の良し悪しで決めたんです。地元で何回かライブをやろうって楽しみたいって案があったんですが、このウッドストック周辺には凄いプレーヤーが一杯います。地元で気軽にってことからドラマーのJeff Siegelなら完璧なトリオになるって考えました。その後、現実のアルバムプロジェクトになるのがはっきり決まってからは、ゲストを増やそうと考えて、昔なじみのDavid SpinozzaとErik Lawrenceという常に一緒にやってきて、きっと僕らの求めるものを理解してくれる素晴らしい演者を呼びました。そしてゲストとしてSteve Gaddに入ってもらうのは、トニーにとっては特別なことでした。彼らはイーストマン・スクールの同窓で、それ以来ずっと親友であり共演者でしたからね。

質問: トニーはStick MenやKing Crimson等でインプロビゼーションに挑み続けてますから、僕は初めこのアルバムが即興演奏やソロの長編になるのではと思っていました。このクール・ジャズという年代が、二人にとって何か大きな意味があるのでしょうか?

Tony: ええと、例えば僕は、54年位前に聴いたあの手のレコードの全てのメロディーとか、ほとんどのソロを未だに記憶しているって言えば分かりますか?なぜそうかといえば、どの曲も本当に良く出来た曲であり、素晴らしいソロだったからです。もちろん素晴らしい演奏を集めたレコードを出すのも価値のあることですが、僕にとっては、長い目で見ればやっぱり曲の良さ、作曲の素晴らしさというものが、記憶に残る作品かどうかの分かれ目になると思うんです。今回のアルバムを一言で言えば、いつまでも記憶に残る、謂わば古典と呼べるような、そういう音楽作りにチャレンジしたんです。

Pete:そう、なんといってもメロディーが肝心。即興はジャズの魂ですけども、今から60年前のレコード製作は大分条件が違ってました。現在では凄い数のアルバムが、まるで当然のように作られていますが、当時はレコードっていうのは特別な物で、レコードという媒介自体も、製作プロセスも、内容も、マーケティングも、全て今とは違いました。一番大きな12インチのLPでも、容量は限られていて、当然ソロも短くする必要がありました。ところがそこから予想外の大遺産が生まれたんですね。熟考したメロディーやアレンジを、簡潔な演奏で表現し切るということです。これが謂わば「作曲学基礎講座1」みたいなもので、今のミュージシャンも学んでマスターすべきものです。

(((o))): トニー、このアルバムで一番気に入っているピートの演奏は?そしてピートにとってのトニーの一番の演奏はどの部分でしょう?

Tony:いやあ、彼のソロは全部大好きですけど、特にMatte Kudasai(収録曲中唯一のカバー曲で、King Crimsonの作品)では、彼は実によく曲のエッセンスを捉えてるし、楽しみながら全く別の方向へ飛んでいってます。

Pete:ああ、僕も色々ありますよ。バッハの曲を編曲するのはトニーのアイデアで、素晴らしいと思いました。Fishy Takes a WalkやI Rememberでは実にソウルフルなソロをやってくれてます。でも一つだけ選ぶのなら、彼がHavanaで聞かせるベースとボーカルのユニゾンで決まりですね。実にかっこいい。

質問: 普段ロックを聞いている人がThe Levin Brothersを聴くときに、ピートの伝説的な経歴というのは余り知られていないと思うんですが、初めて貴方の作品を聞く人に、どれかお薦めの物はありますか?

Pete: 2000年から以降は、主にオルガン・トリオの形でソロ作品を出してきました。一番新しい、自主出版でLenny WhiteとDave Strykerが共演のJump!が今のところ一番のお薦めですね。一方でマルチ・キーボードプレーヤーとして今までに何百もの作品に参加してますが、目立っているのもあれば、そうでないのもあります。一番満足しているのは、80年台に演ったJimmy Giuffreのカルテットの3作品、それから15年間いろんなライブやスタジオ盤として参加したGil Evansの作品ですね。僕がわかってるだけで30作位あるでしょうか。(海賊盤もたくさん出てますからね。)

質問: それから、あなた達の愛聴ジャズアルバムを教えて下さい。

Tony: 僕らのアルバムの原点という意味で、僕らが聴いて育ったクール・ジャズのアルバムをまず挙げたいですね。オリジナルとはタイトルが変わったものがありますが、現在のタイトルで言うと、
Oscar Pettiford: New Oscar Pettiford Sextet
Oscar Pettiford: Oscar Rides Again
Oscar Pettiford: Sextet
Julius Watkins: Sextet
Julius Watkins: The Jazz Modes

Pete:僕も勿論トニーのチョイスと同感ですが、それ以外に未だに影響力のある古典的作品として、
Miles Davis: Kind Of Blue
Stan Getz/Eddie Sauter: Focus
Gil Evans/Miles Davis: Porgy & Bess
Bil Evans: Sunday At The Village Vanguard
Oscar Peterson/Lester Young: The President Plays
Ella Fitzgerald/Louis Armstrong: Ella & Louis
Dave Brubeck: Time Out
Charles Mingus: Mingus Ah Um

質問: このアルバムの曲をライブでやるプランはありますか。あるいは将来、続作とか。

Pete: まだ何のプランもありませんが、どっちもやりたいとは思ってます。二人のスケジュールが上手く合うかどうかですね。

Tony: 勿論ライブもやるし、続作も作りますよ。こんなバンドは解散できるバンドじゃないですから。でも今は二人共、ツアーやライブのスケジュールがこの先ずっと一杯です。来年には何とかツアーの時間を割りこませたいですが、いずれにしてもウッドストックやニューヨーク北部の僕らの地元では、今までどおりライブを続けていきます。
続作は・・・作品作りはしてますが、何時が一番良い時期なのか考えないとね。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
深谷監督、いつもいつもありがとうございます。


◆Tony Levinインタビュー

トニーさんのインタビューを当クラブ翻訳監督の深谷さんが訳して下さいました。
いつも素晴らしい翻訳をして下さる深谷さんに深く感謝いたします。

以下、翻訳を是非お読み下さい。(Sep. 23, 2014)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
Tony Levin Interview・・・the prog report (http://progreport.com/tony-levin-interview/)より

Q:お兄さんと一緒にジャズアルバムを制作する案はどこから生まれたんでしょうか。

TL:ちょっとした理由があるんですよ。僕ら二人が子供の頃、ピートの持っていたジャズのアルバムを良く聴いていました(彼は僕の兄貴だから、当時すでに何枚かレコードを買うことも出来たんです)。中でもJulius Watkinsがフレンチホルン(ピートが当時やってた楽器です)、Oscar Pettifordがチェロとベースを弾いてる作品が特にお気に入りでした。

その後何年も経って、今から4,5年前、僕がエレクトリック・チェロを練習してた頃に、ピートと二人でそれぞれの楽器を使えば、あの当時聴いていたレコードに似た感じのジャズが出来るかも、と思い付いたんです。それでピートに話をしてみたら、二人共当時の曲をしっかり覚えてることが分かりました。(どれ程良い音楽だったかの証明ですね。)それから、短かくてメロディアスで、簡潔なソロを持った曲を書き始め、あの頃の古典的名曲に近づきたいと頑張ったんです。相当数の曲を作って、ベストなものを選びました。

Q:以前からずっと、ジャズアルバムをやりたいという希望はあったのですか。

TL:あの50年代の素敵なスタイルが頭をよぎるまでは、ジャズアルバムの事を常に考えていたとは言えませんね。どのバンドやどのアルバムの時もそうですが、僕はそこにある音楽が常に優先で、それに従うだけで幸せなんです。

チェロは確かに相当練習が必要でした。三年以上、暇な時は常に練習して、ようやくまともなソロが弾けるようになったんです。ベースの場合、普段僕はソロやメロディを弾くタイプじゃありません。(でも今回は相当その部分にチャレンジして、ベースでメロディを演った曲が2曲、残りはチェロで演っています。)

Q:二人の共演はこれが初めてですか。どんな感じでしたか。それとも以前にも経験はありましたか。

TL:僕とピートは以前から何度も共演してます。二人で参加したアルバムも多く、ピートのソロのジャズアルバムや、僕のソロ・アルバムでも演っているし、僕のロックバンドでのツアーにも相当参加してくれました。ポール・サイモンのツアーに一緒に参加したこともあります。

でも、二人で一からアルバム作りをするのは今回が初めてで、すごく楽しかったし、完成することが出来てとても満足しています。勿論今後も続けますよ。

Q:音楽をやり始めたのはどちらが先ですか。

TL:ピートは僕の兄(3歳年上)で、音楽については全部彼が師匠ですよ。

Q:今まで参加したプログレのプロジェクトで、一番満足、あるいはチャレンジだったのは?クリムゾンですか、ABWHですか、Liquid Tensionですか。

TL:僕はそういうプロジェクトやツアーやグループの比較っていうのは、全然しないんですよ。どれの時でも僕の為になる経験をしたし、何度かの厳しい時もあったかもしれません。いま挙がったなかでは、キング・クリムゾンでの音楽関係が一番長くて、今も続いてます。(だから他のメンバーやクリムゾンの音楽から今も色々学んでいます。)

Q:Crimson ProjeKCtについて教えて下さい。あれは何がキッカケで始まって、今後も続くものですか。ツアーはどうでしたか。

ツアーは楽しくて、今年は公演も多く、エンジョイしました。このバンドは元々エイドリアンとパットと僕が、数年前にキャッツキル山地で開催した音楽キャンプから始まったんです。キャンプの最後に公開コンサートがあって、僕らが在籍したクリムゾンの曲を再演してみたところ、すごく受けたんで、じゃあ公演を続けようということになったんです。当時キング・クリムゾンはアクティブモードじゃなかったんですが、ずっと後になってグループが、いわば眠りから覚めた時には、Crimson ProjeKCtとしてのツアーが少し残ってたというわけです。楽しかったですよ。そして今は、クリムゾンのツアーが始まろうとしてるので、ProjeKCtの方は休眠モードに入れましょうということです。

Q:もう一つの最近の企画は、Levin Minnemman Rudessのアルバムです。あの作品の製作の様子を聞かせて下さい。

TL:すごく順調に行ったというか、そこから生み出された音楽に大満足しています。コラボレーションのプロジェクトっていうのは常に楽しいし、色々と学べるのですが、問題は曲作りとか、良い曲を選別したりするのに時間を掛けられないということなんです。なので、LMRのアルバムでは相当の数のスペシャルなアイデアが生まれて、それを上手く活かせたことが、すごく嬉しく思っています。

Q:貴方は今まで、Bill BrufordやMike Portnoy、Marco Minnemmanその他の、凄腕ドラマー達と共演してきました。彼らの個性的なスタイルとの演奏はどんな感じですか。貴方の演奏も変化しますか。

TL:ベーシストにとって、超絶ドラマーと演るのはホントに嬉しいことです。今挙がった全員、そして僕が幸運にも共演できた、その他の大勢のドラマー達は、音楽を更なる高みへと導いてくれるんです。僕が望むのは、共演するドラマーが、確かなテンポ感を持っているということ。別の言い方をすると、バンドの演奏を一つにすることと、適切なフィーリングがあることです。それがあって初めて二人(ベーシストとドラマー)はより複雑な事が出来るんです。偉大なドラマーと普通のドラマーの大きな違いのひとつは、どんなに冒険的な事を演っている時でも、基本のフィーリングとテンポはきちっと守られているってことです。

Q:ツアーとスタジオ・レコーディング、どちらが好みですか。

TL:僕はライブ演奏のほうがずっと好きですね。レコーディングも相当やってきて、それはそれで楽しいけど、実際のコンサートのほうが充実感が大きいです。あと、その音楽のファンの皆さんと繋がりあえる充実感もね。I

Q:Peter Gabrielの新作情報は?

TL:嗚呼、皆目なしです!

―――――――――――――――――――――――――――――――――



◆King Crimsonからのお願い(^^)


YouTubeに、キング・クリムゾンの公演に来たお客さんたちに向けて流されるアナウンスがDGMからアップされています。
内容を当クラブの翻訳監督の深谷さんがざっと訳して下さいました!
フリップを始め、バンドの面々が写真を撮ったりこっそり録音するようなことをせずに、自分の目と耳で楽しんで欲しいと訴えています。以下翻訳です。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
RF:さてさて、キング・クリムゾンからの歓迎メッセージです。どうか素晴らしい時をお過ごし下さい。
不明:楽しんでね。
RF:イエーイ。今、ここで、この瞬間に喜びを味あう為には、どうか電話はしまって下さい。ビデオ装置もしまって下さい。録音機器もしまって下さい。そして私達皆んなと一緒に、ただこの瞬間を受け止めて下さい。ビル、何か一言。
BR:僕からは、イエーイ
RF:ジャッコ、君からは?
JJ:僕の意見は、なんでこの体験を、ちまちましたビデオカメラを通してするんだろう、ってこと。それをしまっておけば、直接本物を体験できるのにってね。
RF:トニー、君はどう?
TL:僕からは、今回、歴代クリムゾンの中で、初めてお客さんにどんどん写真撮影するよう推奨してるけど、それはこの建物に入る前に、ってことです。出来れば皆さんに写真を撮ってほしくない、なんてこの建物には言いたくないからね。
不明:15分あげるから、皆んな立って建物の外へ出て、好きなだけ写真を撮って戻ってきて下さい。
RF:同時に、グッズも買って下さい。とてもハイクオリティーなグッズですよ。そう、やることは一杯!さて、ギャビン、君からは?
GH:iPhoneやiPadを振りかざして、周囲の人を邪魔しないで下さい。そういう人の後ろに座ってたら、ホントにうんざりするからね。しかも僕らの集中も途切れるし。
RF:瞬間を受け止めましょう。貴方の耳で録音し、眼で録画して下さい。そしてここに居れば、もしかしたら記憶に残せるかもしれない。機械で録画してたら、決して記憶には残せない。自分自身の録音機と録画機を、永遠に、生涯、身につけて生きて欲しい。パット、君がノリノリの時に録画や写真撮影をしようとする人に一言。
PM:普通、最高の音楽を残せないもんです。だから、もし僕らのベストを聴きたいなら、テープ機は止めてほしい。
RF:じゃ、君からは、メル?
MC:謂わば、精神は物質より優先、ということだね。心にかけなかったら、それこそ問題だ。笑(訳注:mindには心・精神という意味と気にかけるという意味があり、matterには物・物体という意味と問題になる・気になるという意味があって、その洒落を言っています。)
TL:ということは、僕がショーの最中に写真取るのも難しくなるってことだね。
RF:トニー、君は許可証持ってるだろ?
不明:許可証身につけといてね。
RF:ということで、キング・クリムゾンは皆様を歓迎します。どうぞ素晴らしい時をお過ごし下さい。
TL:楽しんでね。
RFと全員:イェーイ、ヒューヒュー!

―――――――――――――――――――――――――――――――――



◆ LEVIN BROTHERS 発売中!


トニーさんと、お兄さんのピートの兄弟ユニットによるクールなジャズアルバム、LEVIN BROTHERSが発売開始になりました。
長年構想を暖めてきた二人が、L'Imageで同じくユニットを組んでいたドラマーのSteve Gadd、ギターのDavid Spinozzaの二人と、更にドラマー/コンポーザーのJeff Siegel、サックスのErik Lawrenceというメンバーで、クールでメロディアスなジャズアルバムを作りました。
サンプルビデオはこちら
この二人のユニットのウェブサイトはこちらから。
そして、CDとレコード盤の両方でのリリースになります。 レコード盤は限定千枚、全てサイン入り、ナンバリングされています。 それぞれの購入ページはこちらから、是非どうぞ!





◆King Crimsonのツァー・リハーサルがスタート
英国のJakkoのホームスタジオで、リハーサルがまた始まりました。
いよいよフル・バンドでのリハーサル開始。

リハーサルのダイアリーも始まっています。下の更新履歴をチェック!

full band



◆2012年10月27日のフランクフルト・ジャズフェスティバルでの公演のビデオが公開
ARTE web Liveで、Stick MenとTerry Bozzioが競演したビデオが公開されています。最初はテリーさんのソロ・インプロヴィゼーション、それからStickMenのセット、最後に競演となっています。このビデオ、最初の11分余りはお客さんが入ってくるところが続きます。
また、クリムゾン/プログレ関連では同じく同フェスティバルに出演したSoft Machine Legacy+Keith Tippettの映像も公開されていますよ。


◆電子書籍版 "Crimson Chronicles"iPhone用がリリース!
お待たせしました!新作の電子版Crimson Chronicles のiPhoneバージョンが今日からダウンロードできるようになりました。
iPhoneをお使いの方は、App Storeに今すぐ行ってゲットして下さい!




◆電子書籍版 "Crimson Chronicles"がリリース!
新作の電子版Crimson Chronicles のiPadバージョンが今日からダウンロードできるようになりました。

iPadをお使いの方は、App Storeに今すぐ行ってゲットして下さい!


◆Peter Gabriel の "BACK TO FRONT TOUR"公式ブートレグが発売

音響卓から直接録った音源をPeter Gabrielの音響スタッフBen Findlayがmixし、全16公演分セットでも個別でもCDとUSBメモリーの形で販売。現在予約受付中。予約期間は割引があります。


◆Peter Gabriel の So 25周年記念ツァー"BACK TO FRONT TOUR"遂に始動!
すでにリハーサルの様子を伝えるツァーダイアリーが始まっています。
詳しくはロード・ダイアリー日本語版からご覧下さい。



◆電子書籍版 "Crimson Chronicles"の制作資金調達キャンペーン実施中!

7月23日から、電子書籍版 "Crimson Chronicles"の制作資金調達キャンペーンが始まっています。このキャンペーンは、一昨日から始まった(この下の項目の)Deepの制作資金調達キャンペーンとは別のもので、利用しているサイトもKickStartという別の場所です。

この資金調達は、いくつかのレベルのオプションがあります。

1)$1以上
  このプロジェクトを成功させる手助けをすることで、あなた自身が満足感をえられるでしょう。

2)$5以上
  トニーさんのウェブサイトとTony Levin Facebook オフィシャルページにあなたの名前を載せ、感謝を捧げます。また、制作過程をビデオメールでお送りします。(注意していただきたいのは、この電子版写真集はiTunes appなので、現在のところiTunesを通してしか提供できません。現在それ以外の方法を模索中です)

3)$10以上
  2)に加えて、iPhone用オリジナル着信音(曲)がついてきます。

4)$15以上
  3)に加えて、あなたの名前がこの電子書籍の中のサンキューページに載ります。

5)$25以上
  4)に加えて、写真かあなたが持っている収集品をスキャンして送っていただければ、それを電子書籍に載せます。1981年から1985年の間のKing Crimsonのコンサート会場にいるあなた自身の写真とか、チケットやこの書籍に相応しい関連品などをスキャンしたもの等です。あなたの名前も貢献して下さった人としてクレジットされます。

6)$65以上
  5)に加えて、電子書籍が届くまでの間のどの渇きを癒す意味で、トニーさんのサイン入り紙版写真集をお届けします(合衆国とカナダ以外の方は送料分を含めて$95以上になります)

7)$1,000以上
  6)に加えて、あの有名な署名入りの"Robert Fripp in Italy"のプリントをお届けします。これは限定220部で既に売り切れたものですが、トニーさんがわずかに#5から#9まで手元に保存してあったものです(1から4までは、フリップ、ブリュー、ブルフォード、トニーさんが所有しています)お送りするプリントナンバーの決め方は、最も高値をつけた方から若い番号を、また、同額の場合は先着順になります。プロによる梱包で世界中どこにでも発送します。また、送料の負担はありませんが、税関での課税についてはご負担下さい。


Original Numbered Print "Robert Fripp - Milan 1982"

トニーさんのfacebookでは少しビデオでこのappのさわりを紹介しています。是非ご覧になってみて、この素敵なアプリの誕生をお手伝いしてみませんか
KickStartのサイトでこのキャンペーンに申し込みをすると、米国のAmazonを通して料金が課金される仕組みになっています。実際に課金されるのは9月20日頃になります。既に米国アマゾンのアカウントをお持ちの方は、手続きの中でご自分のアカウントでログインしてお進み下さい。まだお持ちでない方もその場でアカウントを作成できます。





◆Stick Menの新作"Deep"の制作資金調達キャンペーン実施中!



7月21日から、Stick Menの3人は新作"Deep"をリリースするための資金調達キャンペーンを、音楽制作の資金調達を支援するサイト、Pledge Music で始めました。
このページをご覧になればあらましは分かりますが、日本語で詳しくご説明いたします。
この資金調達は、様々なオプションが付いた製品を購入するpledge=約束をするという形で行われます。最低額は$10から、最高は$3,000までのオプションがあります。
まだリリースの確実な日にちは確定していませんが、この秋にリリースされれば下記のそれぞれのオプションで購入するというpledgeボタンを押すことになります。
それでは各オプションを説明します。

$10= 曲のダウンロード
$12= 24-bit/96kHz高音質版ダウンロード
$18= CD購入
$30= Stick Men "I Went Deep" Tシャツ(枚数限定)
$40= サイン入りCD(限定150枚)
$60= デラックスCD/DVD(5.1オーディオとヴィデオ)+digibook付き
$90= デラックスCD/DVD(5.1オーディオとヴィデオ)+digibook+Tシャツ(限定30名)
$100= 上記$90 + サイン入りポストカード(限定50名)
$140= 上記$90 + あなたの名前入りサイン入りポストカード(限定50名)
$200= Stick MenのこれまでリリースしたCDの4枚セット+DVD+digibool+Tシャツ+サイン入りポストカード(限定19名)
$250= 上記$140セット+ライナーノーツにあなたのお名前を記入(限定22名)
$600= 今後2年間のいずれかのライブにあなたを含めて4名分のチケット+上記$250セット(限定10名)
$1,000= 上記$600セットに公演後のバックステージパス付き(限定5名)
$1,200= 上記$600セットに会場への機材搬入から撤収まですべての時間をバンドと共に過ごせる権利(限定2名)
$3,000= $140セット+あなたをエクゼクティブプロデューサーとして讃え、ライナーノーツにあなたの名前をエクゼクティブプロデューサーとして記載します(限定4名)

さて、あなたはどれにしますか?数量限定ですので、お早めにどうぞ(^^)

資金調達と聞くと、なんだか抵抗があるかもしれませんが、まぁ予約購入と思って下さればよいですね。これからはこういう制作の仕方が広がって行くかもしれません。


◆Tonyさんが参加するPeter Gabrielツァー決定




2012年9月、Peter Gabrielがアルバム、SOのツァー25周年を記念して、カナダ、アメリカ合衆国を回る、Back to Frontツァーをオリジナルバンドメンバーを従えて行う事が決定。詳しくはロードダイアリー日本語版と、http://petergabriel.com/livedates/を参照して下さい。日本にも来て〜〜〜!!









◆Tony Levin Interview


We (Tony Levin Club of Japan) attended the California Guitar Trio + Tony Levin show at Billboard Live Osaka Jan. 24th 2012. Thankfully, as always, Tony accepted our interview after the show.(翻訳はすぐ下にあります)

Tony: First, let me say hello to the fans in Japan, and give a big thanks for, as always, caring about the music I am part of. It means a lot to me.

TLClub: The new CGT album contains "Ave Maria". How did it feel like playing cello for a classical work, which is something you have not done for a long time?

Tony: It was a big pleasure for me to even be asked to play on that piece. The Trio did not ask me specifically to play the cello, just to play the melody on the piece. But for me it was clear that the cello would be better than the bass, so I could change octaves on the repeat, and anyway it's a beautiful sounding instrument.
For bass players like me, it's not so easy changing to cello - though it might seem very similar to people not playing it. It's not just smaller, but the tuning (in 5ths) is different, and the "margin of error" to play in tune is smaller (we bassists have the easiest time with that with the big string length.) Also, for Classical, the vibrato is done a little differently, you would hardly hear a 'bass vibrato' if it wasn't adjusted.
I'm lucky to have a great cello, also made by NS - like the NS bass I play. I had played it live with Peter Gabriel, on "Signal to Noise" and recorded with it some on my Stick Man CD. But to play this piece well, I had to practice on it A LOT. I am guessing that I spent more time on that simple melody recording than on any track I've ever played - I was surprised at how many ways I could make it sound wrong! But it wasn't 'work' at all, I loved every minute of it. And I'm happy with the way it came out - could be better, of course, but the main goal I had was to do a decent version of the very well known melody, that wouldn't be an embarassment to me, and to have fun doing it. Now, the next challenge will be to play it live with the Trio. It turns out that, though I am ready to do that, they haven't practiced the piece (because, of course, they can't do it without someone playing the melody, and they usually tour alone - so we didn't try to do it on this trip to Japan. Sometime in the coming year, though, I am pretty sure we'll get the chance -- I expect that I will be nervous about it, but it will be a great challenge.


TLClub: Nowadays, it's not necessary for the musicians to get togather in a studio for a recording. Has this situation weakened or loosened the relationsips between them:?

Tony:I do a lot of recordings now from my home studio, without seeing the other musicians. The first years of doing that, I was missing the input from other players, and also, of course, the fun of being with them. But it has become the normal way to record, and most players are used to it now - so I would say it doesn't affect the music as much as it did in the early years of it. Your question, though, is about relationships, and it does make for a big change in that. If I don't know the players (for instance, I am asked to play bass on tracks of an Italian singer, which have been completed in Italy) the fact is, I will never meet them - I won't even know who played on the track. You can see that is far different than spending a week, or even a few days together, playing music, making jokes, eating dinner together, and getting the feel of the project and of the other players. Then you have a relationship with them, and maybe look forward to playing together again. That is all lost with 'file sharing' and it's too bad. My relationship with the many players I already know is fine - unchanged - but meeting new players and sharing a bond in experiencing new music -- that's lost, at least for the way recording is going now.

TLClub: If you can bring only one musical instrument to a desert island, what would you choose? Why?

Tony:Your imagination always makes me smile. Of course, an electric instrument won't work well in this desert place (I hope there is some decent food for me!) So there goes the Stick, basses, cello ... It's clear I must choose a piano (which I love playing anyway,) and to deal with it going out of tune in the island weather, I'll fashion one of those piano tuning tools out of seashells and coconuts!

TLClub: Last summer you've started "Three of a perfect pair camp". How did it's idea come about in the first place?

Tony: it was Adrians idea (Adrian Belew) I think he was asked about doing a music camp himself, and he thought, with Pat Mastelotto and me involved, it could almost be a King Crimson camp. I was reluctant to do it (I don't teach music, and am more comfortable just playing) but gradually I realized that specifically teaching is only a small part of what the camp could offer -- more than that it was a period of sharing our musical ideas and history, in a great setting. And the people who came, it turned out, were great folks, so it was not only good for me, it was very special, eating our meals all together in a big dining tent, having 'Crimson story' sessions, jam sessions (including a big one, where I undertook to conduct the whole 70 person group of campers and band, in a giant jam) open rehearsals, Stick player hours, and - particular fun for me - hearing the stories of the musical journey of some of the campers.
So it is one of those situations that sometimes happen where you stretch your boundaries by trying something you usually don't do, and you end up growing from it.


TLClub: Is there any band or musician(s) you listen to a lot lately? Or, any CDs, other than your own, that you recommend?

Tony: Lately, it's been a quiet time for me with new music. The group I was most interested, Sleepytime Gorilla Museum, has broken up - I'm interested to see what bands they will re-form into, especially Carla Keilstadt, who's solo cd's are great.
Mostly, I have been listening to jazz! I have a long range project underway, and I usually don't like talking about those until they are a reality, because plans change, and it's not fun to face years of people asking you what happened to your planned band or tour ... but I guess there's no reason for it to be secret, really.
I so enjoyed playing the cello on the CGT recording, that I re-strung it with tuning in 4ths, (so it wouldn't be so foreign to me) and started thinking about playing jazz on the cello - specifically in a small group with my brother Pete, who is a great jazz keyboardist. And I'd like to keep it to a single type of jazz - the music I grew up hearing in the '50's, which was relatively simple, with short songs, and very melodic. Well, this is a big challenge for me (another one!) since I don't play the cello real well, and I don't play jazz real well! So I've been practicing it in all my spare time, planning and hoping that in a year or so I will be able to play decently on live gigs with Pete, and then we'll aim at recording it after that. Hence (is that an okay word to understand? Maybe bettter is 'So...') So, I have been listening to records of groups like Chet Baker, and bassist Oscar Pettiford, to try to immerse myself a little in their talent, learn some lessons about phrasing, and see if I can apply those to the cello.
I trust that you, and the readers, will forgive me if it turns out that I never become good enough at jazz on the cello to actually fulfill that idea - but it is a wonderful thing about music that it can take you in different directions, and in my life I've found that it is always rewarding to follow that musical muse, no matter what the outcome.


TLClub: Thank you very much in this tough schedule!


2012年1月24日、CGTとの大阪公演終了後、Tony Levin Club of JAPANでは、トニーさんにインタビューをしました。
公演後でお疲れのところでしたが、いつものように快く答えて下さいました。


Tony: まずはじめに、日本のファンの皆さん、こんにちは!そして、いつも僕の関わる音楽に心を寄せて下さって、本当にありがとう。心から感謝しています。

TLClub: 今回、「アヴェマリア」を弾かれておられますが、久しぶりにクラシックをチェロで弾かれたご感想をお聞かせ下さい。

Tony: あの曲に参加を依頼された事自体、すごく嬉しいことでした。CGTは、メロディを弾いて欲しいというだけで、別にチェロでと指定はしませんでしたが、僕は明らかにベース(コントラバス)よりチェロが良い、そうすれば繰り返し部分でオクターブを変えられると思ったし、何にせよチェロは素晴らしい音色の楽器ですからね。
しかし僕のようなベース弾きにとって、チェロと持ち換えるっていうのは、実際に演奏したことの無い人からは同じような楽器に思えるでしょうが、実はそれほど簡単なことではありません。サイズが小さいだけでなく、チューニングも違う(チェロは5度)。そして音程に関して「誤差の猶予」がより少ないんです。(僕らベーシストは、弦長が長いおかげで、一番楽をしています。)さらに、クラシックを弾く時には、ビブラートのかけ方が少し違うので、チェロの奏法に合わせないと、ベース式のビブラートでは殆ど聞こえないことになってしまいます。
僕は幸運にも素晴らしいチェロを持っていまして、これは僕のNSベースと同じくNS社製です。Peter Gabrielの公演で「Signal to Noise」で使ったり、Stick ManのCDでも何曲かで使ってきましたが、今回この曲をちゃんと演奏するためには、思いっきり練習しなければなりませんでした。多分、あのシンプルなメロディーを弾くために、僕が今まで演奏したどのパートよりも練習したんじゃないでしょうか。いかに簡単におかしな演奏になってしまうか、自分でも驚かされますよ。でも一方で、全く「お仕事」ではなく、最後まで楽しんで取り組めました。そして結果にも満足しています。もちろんもっと上手く弾けたかもしれませんが、でも僕は、この非常に有名なメロディーを、自分でも恥ずかしくないようにきちんと弾ききる、そしてそれを楽しんでやる、ということを一番の目標においていましたから。
さて次のチャレンジはこの曲をCGTと一緒にライブで演奏することなんですが、僕自身は準備出来ているんですが、彼らが練習出来ずにいる(誰かメロディーを弾く人間が居ないと出来ないし、彼らは普段自分たち三人だけでツアーしてるんだから当然ですが。)ので、今回の日本公演では試してみませんでした。でも今年中にはきっと機会があるでしょう。多分、演奏するについては不安も感じるでしょうが、良いチャレンジになることでしょう。

TLClub: 最近では、ミュージシャンが集まらなくても録音が出来てしまいますが、ミュージシャン同士の繋がりが薄まったりすることはないのでしょうか?

Tony: 今は、自分のホームスタジオで、他のミュージシャンの顔も見ずに録音作業をすることがしばしばです。そういうやり方を始めた最初の数年は、他のミュージシャンからの意見や刺激が無いことや、当然、色んな楽しみが無いことが物足りませんでした。しかしこの方法が常識となり、殆どの演奏者がそれに慣れてしまった今、以前ほどは音楽に影響しなくなったと言えると思います。
でもこの質問は、演奏者同士の繋がりについてであって、その意味では実際、大きな変化をもたらしています。僕が他の演奏者と面識が無い場合(例えば、イタリア人の歌手がイタリアで行った録音にベースを加えるよう求められるとか)実際には彼らと一切会うことも無く、誰が参加しているのかも知ることはありません。これは、たとえ一週間、或いは数日でも一緒に時を過ごして、音楽を演奏し、冗談を言い合い、夕食を共にしたりして、プロジェクトの雰囲気やお互いの感じを掴んでいくのとは、まったく別物だということは明らかでしょう。繋がりというのは本来こうして生まれるもので、将来また一緒にやりたいという気持ちにもなるのです。「ファイル・シェアリング」ではこういう全てが失われてしまうのが残念です。今のこの録音のやり方によって、大勢の旧知のミュージシャン達との良い繋がりが変わってしまうことはありません。けれども初めての演奏者と知り合ったり、新しい音楽を通じて繋がりを感じたりということは無くなってしまいました。

TLClub: もしも、無人島に楽器をひとつだけ持って行けるとしたら、何を持って行かれますか?

Tony: 君の想像力には何時も思わず微笑んでしまいます。もちろん無人島では、電気系の楽器は使えないですよね。(まともな食料はあって欲しいと思いますが !)と言うわけでStickもベースもチェロもだめとなると、はっきり言ってピアノしかありません。(もともとピアノを弾くのは大好き。)そして島の気候で調律が狂う事に対処するため、貝殻と椰子の実で調律器具を拵えることにしましょう!

TLClub: 去年から始まった「Three of a perfect pair」campは、最初どのようなきっかけでやることになったのでしょうか?

Tony: これはエイドリアン(Adrian Belew)のアイデアだったんです。確か、彼にミュージック・キャンプをやらないかという提案をした人があって、それだったらPat Mastelottoと僕を巻き込めば、ほぼKing Crimsonキャンプになるぞと思いついたという事。僕は最初乗り気じゃなかったんです(僕は音楽教師じゃなくて、ひたすら演奏してるほうが気楽だから。)が、教えるという部分はこのキャンプのごく一部に過ぎず、何よりメインは僕らの音楽性や体験を、素晴らしい環境の中で、みんなと分かち合う事なんだと思いはじめたんです。そして結果的に、参加してくれた人達は素敵な人ばっかりで、僕にとっては、単にやって良かったという程度ではなくて、大きな食堂テントでみんなで食事をしたり、クリムゾン話で盛り上がったり、ジャムセッション(参加者やバンドメンバー合わせて70人全員での巨大なジャムで、僕が指揮者役をやったこともありました。)、公開リハーサル、スティック奏者の時間とか、あと僕が特に楽しかったのは参加者の何人かが自分の音楽遍歴を話してくれたことであったりとか、全くもって他に例えようのない体験になりました。 いわば、普段自分がしないような事に挑戦することによって、自分の殻を破って、成長することが出来るという一例ですね。

TLClub: 最近よく聴くバンドはありますか?またはご自分の作品以外でお薦めのCDはありますか。

Tony: 最近、新しい音楽については全く聞いていない状態です。一番興味のあったグループ、Sleepytime Gorilla Museumは解散してしまって、どんなバンドに再編成して出てくるのか、特に素晴らしいソロCDを出しているCarila Keilstatがどうなるか、気にして待っています。
今聞いているのは、殆どジャズばかり!実は長期プロジェクトが一つ進行中なんです。どんな計画でもいつ変更されるか分からないし、何年何年もファンから、あのバンドの案はどうなったとか、あのツアー計画はどうなったとか聞かれ続けるのは楽しい事じゃないから、本当に実現するまであまり話をしないようにしているんですが、別に隠さなきゃならない理由も無いので・・・。
CGTとの録音でチェロを弾いたのがあまりにも楽しかったので、(僕にとってちょっとでも違和感のないように)改めて4度のチューニングで弦を張り直して、このチェロでジャズを弾く、具体的には素晴らしい鍵盤奏者である兄のPeteを入れた小さなグループで、ということを考え始めています。さらに僕はある特定の種類のジャズ、50年代にそれを聞いて育った、比較的シンプルで短い、とてもメロディックな音楽に拘りたいと思っています。まあこれは僕にとって(またもや)大きな挑戦です。というのは、僕はチェロが上手くないし、ジャズだって上手くないからです。そんなわけでいつも暇があると練習したり、計画を練ったりして、一年かそこらあればある程度は弾けるようになって、Peteと共にライブでやり、その後レコーディングを目指せないかと思っています。さすれば(こんな言葉分かる?「そこで」のほうが良いかな。)そこで、この頃はChet Bakerとか、ベーシストのOscar Pettifordとかのグループのレコードを聴いて、彼らの才能に浸り、フレージングから何かを学び取って、僕のチェロ演奏に応用出来ないかと思っています。
もしも僕が、結局ジャズが弾けるほどチェロの腕前が上がらず、この夢が実現しなかったとしても、君や読者の人は許してくれるだろうと信じています。そして音楽の素晴らしい点は、そこからまた新たな方向性が開かれるということであって、今までの人生でも、結果がどうあれ音楽の夢を追求することは実りあることだと、僕は学んできたのです。
TLClub: お疲れのところ、本当にありがとうございました。

というわけで、本当にお疲れのところ、いつものことですがとても誠実に答えて下さいました。お会いするたびにトニーさんの人柄には実に感嘆するばかりです。









Tony Levin Club of JAPANがツィッターを始めました!
http://twitter.com/TL_Clubを是非フォローしてみて下さい。



Google
↑Tony Levin Club of JAPAN サイト内検索

Tony Levin Club FAQ:

Q)Beyond the Bass Clefの日本語版は出版されるのですか?
A)単行本で出版される予定は今のところないようです。しかし、リットーミュージック社から出版されているベース・マガジンに毎月連載の形で翻訳が掲載されていました。(現在連載終了)それらがまとめて出版されるかどうかは分かりませんが、多分……されないのでは?

Q)Funk Fingerが欲しくて、パパベアのサイトを調べても売っていないのですが・・・
A)残念ながら今はもう販売を停止しています。以前とは違う形で販売するかもしれない、とはトニーさんは言っていましたが、現在見通しは全く立っていません。
以前販売していたものの写真やサイズをFunk Finger全解剖ページに掲載しました。何人かの方がこれを参考に作っておられます。






Tony Levin Club of JAPAN site : since May 28 1996

ご意見、ご質問は、iwwkアトマークpo.incl.ne.jp(スパム対策で全角で書いてあります。すみません)までどうぞ。

お願い:当ページはリンクフリーです。ただ、リンクはトップページ(http://www.ient.or.jp/tlclub/)へ、お願いいたします。
著作権について:このサイトに掲載されている、引用であるとお断りした部分以外のすべての文章と CD、レコードジャケット写真以外のすべての画像は、トニー・レビン・クラブ・オブ・ジャパンが著作権を 保持しています。すべてのコンテンツの引用・無断掲載はお断りいたします。
また特に、ロード・ダイアリーや関連ページなど、彼のオリジナルサイトを翻訳したコンテンツは トニー・レビン氏に著作権があります。
DGMサイトにある、California Guitar TrioのPaul Richards氏による日記の翻訳とその掲載については、 Paul Richards氏から許諾を得ています。この文章の著作権はPaul Richards氏、およびトニー・レビン・クラブ・オブ・ジャパンが 保持しています。また、該当ページのすべての画像は、DGMの許諾なしに二次使用は認められておりません。 無断での引用・掲載を堅くお断りいたします。
また、このサイトにある雑誌の引用部分は、該当出版社に既に使用許可を頂いております。 引用を快く認めてくださった方々に深く感謝します。